成年年齢引下げ後(令和4年度以降)の成人式の対象年齢について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1027984  更新日 2020年12月19日

印刷大きな文字で印刷

成年年齢引下げ後も、現行どおり20歳を対象といたします

令和4年(2022年)4月1日から、民法の一部を改正する法律により成年年齢が現行の20歳から18歳に引き下げられます。

板橋区では、以下の理由から、令和4年度以降に実施する成人の日のつどい(現行名称であり、式典の名称は変更予定)については、現行どおり20歳を対象といたします。

《20歳とする理由》

  • 成年年齢となる18歳は、大半が高校3年生の時期であり、受験や就職に向けた準備と重なり、精神的・経済的な負担が大きく、参加を断念することが多く予想されます。
  • 区の成人式は三者共催(区・町会連合会支部・青少年健全育成地区委員会)により実施しており、地域の意見を踏まえつつ、世論調査や他自治体の方針も参考にしました。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

区民文化部 地域振興課 地域振興係
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2163 ファクス:03-3579-2046
区民文化部 地域振興課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。