ご当地ナンバー「板橋」の導入をめざします

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1007462  更新日 令和2年3月26日

印刷大きな文字で印刷

国土交通省により、地域振興や観光振興に活用する観点から導入された「ご当地ナンバー」制度に、平成29年5月、車のナンバープレートの更なる活用方策として、地域独自の図柄をデザインする「地方版図柄入りナンバープレート」の導入と併せて、3回目のご当地ナンバーを募集することが報道発表されました。

板橋区においても、観光振興や区内産業の活性化などを目的に導入の検討を開始し、導入要件の一つである「地域住民の合意形成を図る」ため、区民及び区内事業者に対して、平成29年9月からアンケート調査を実施しました。
この度、そのアンケート調査結果がまとまったので区民の皆様に報告するとともに、その結果を踏まえ、「板橋ナンバー」の令和2年度導入に向けた事業の推進を目指します。
皆様のご意見をお待ちしています。本ページ下部の「ご意見をお聞かせください」欄をご利用ください。

国の制度「ご当地ナンバー」とは?

自動車のナンバープレートの地域名は、一般的に自動車を使用している地域を管轄する運輸支局や自動車検査登録事務所の名称等が表示されています。

平成6年、神奈川県平塚市に湘南自動車検査登録事務所が新設され「湘南ナンバー」が誕生し、この地域名「湘南」の持つイメージが好感を持たれたことから、全国で取得希望者が相次ぎました。
この動きがきっかけになり、全国各地で、ご当地ナンバーの実現を求める声が上がりました。そこで、国土交通省は、対象市町村の区域を限って、新規の自動車検査登録事務所の設置に関わらず、独自の地名を定められるよう、平成16年に「ご当地ナンバー」制度をスタートさせました。

平成16年、国土交通省により、地域振興や観光振興に活用する観点から、ご当地ナンバーの募集が行われ、平成18年から平成20年にかけて仙台、富士山、堺など19地域でご当地ナンバーが導入されました。
平成25年、ご当地ナンバー第2弾の募集が行われ、東京23区の「世田谷」、「杉並」を含め10地域で新たなご当地ナンバーが導入されました。
平成29年5月、ご当地ナンバー第3弾の募集が開始され、今回、板橋区においても板橋ナンバー導入の検討を開始しました。

導入のメリット

  1. 日頃から“板橋”が意識されることで区民の一体感の醸成が期待されます。
  2. 区民としての誇りや区に対する愛着心の醸成が期待されます。
  3. 板橋のナンバーの車が郊外をドライブすることで、区外への知名度向上が期待されます。
  4. 東京都の優位性を活かしたブランドとしての確立・普及が期待されます。

アンケート調査

平成29年9月1日から10月6日にかけて、板橋ナンバーの導入に関するアンケート調査を実施しました。

アンケート実施依頼先(配布枚数8,232枚、回答数2,664枚)

区民(回答数 1,690枚)
板橋区町会連合会、東京トヨペット株式会社板橋支店、トヨタ東京カローラ株式会社志村店、ネッツトヨタ東京株式会社TOWNPORT志村、株式会社ホンダカーズ東京中央志村東店、日産プリンス東京販売株式会社板橋中央店、株式会社関東マツダ、東京スバル株式会社高島平店、りそな銀行板橋支店、板橋区役所窓口、eモニター
区内事業者(回答数 974枚)
板橋区商店街連合会、一般社団法人板橋産業連合会、東京商工会議所板橋支部、公益社団法人東京青年会議所板橋区委員会、公益社団法人板橋法人会、板橋区観光協会、一般社団法人東京都トラック協会板橋支部、東京都個人タクシー協同組合板橋支部、板橋個人タクシー協同組合

アンケート結果

主な結果は、以下の通りです。

  1. 板橋ナンバーの導入に対し、「賛成」「反対」「どちらでもよい」の3択で質問
    • 賛成 1,226人(46.1%)
    • どちらでもよい 1,138人(42.8%)
    • 反対 294人(11.1%)
  2. 板橋ナンバーを導入する場合、どの様な図柄のナンバープレートが良いと思うかを、自由意見で質問
    • 板橋区の花「二輪草」 229人
    • 板橋の「橋」 133人
    • 板橋区の観光キャラクター「りんりんちゃん」 51人
グラフ1
板橋ナンバーの導入について
グラフ2
板橋ナンバーを導入する場合の図柄について

板橋ナンバー導入で、何がどう変わる?

  1. 「板橋ナンバー」が導入され交付が開始されると、その後に登録される、板橋区に使用の本拠の位置を置く自動車は、すべて「板橋ナンバー」になります。(具体例は以下のとおりです。)
    • 新車や中古車を購入し、板橋区で新規に自動車の登録をする場合
    • 引越しなどにより、板橋区外から板橋区内に自動車の所在地を変更する場合
    • 区外在住の人から、板橋区在住の人が車を譲り受けた場合など
  2. 現在所有車に付いている「練馬ナンバー」は、上記の様な手続きが発生しない限り、そのまま使用できます。なお、希望(有料)で「板橋ナンバー」に変更ができます。
  3. 「板橋ナンバー」が導入される場合は、図柄入りナンバーとして制作されます。
    ただし、車の所有者が「板橋ナンバー」取り付け時に、図柄入り、図柄なしなどを自由に選択することができます。

今後のスケジュール

  1. 平成30年3月16日~ 3月30日 国土交通省への正式申込期限
  2. 平成30年4月 初旬~ 11月末 板橋ナンバーの図柄デザイン案制作期間
  3. 平成30年12月14日~12月28日 板橋ナンバーの図柄デザイン提案期限
  4. 令和元年度 自動車ナンバー関係システム改修期間
  5. 令和 2年度 交付開始予定

よくある質問

Q 自動車ナンバープレートの地域名って、なに?
A 一般的に自動車を使用している地域を管轄する「運輸支局」や「自動車検査登録事務所」の名称等が表示されています。

Q ご当地ナンバー導入で、対象(板橋ナンバー)となる自動車は?
A 板橋区に使用の本拠の位置を置く自動車(軽自動車を含む)及び排気量126cc以上の自動二輪車です。

Q 現在付いている「練馬ナンバー」を「板橋ナンバー」に変更する場合は無料で交換できますか?
A 希望により、有料で「板橋ナンバー」に変更できます。
《参考》
現在交付している、オリンピック・パラリンピックの絵柄入りナンバープレート
東京地区配布手数料 7,210円
寄付金(カラー図柄入り)1,000円 計8,210円

Q 「板橋ナンバー」が導入された場合、ナンバープレートの図柄の有無は選べますか?
A板橋ナンバーは、図柄入りとして導入されますが、ユーザーに対して図柄入りのナンバープレート装着を強制しません。ユーザーは、図柄無しのナンバープレートも選択可能です。
なお、導入に当たってのナンバープレートの種類は、3種類から選択可能です。

  1. カラー図柄入りの寄付金付
  2. モノクロ図柄入りの寄付金無し
  3. 図柄・寄付金無し(従来ナンバー同様で、地域名のみが“板橋”に変わる)

Q カラー図柄入りの「寄付金付きナンバープレート」ってなんですか?
A板橋ナンバー導入時には、図柄入りの有り無しの選択のほか、寄付金の有り無しでも選択することになります。この寄付金については、導入地域の地域交通サービス改善や、観光振興などに活用するものとされています。

Q 「板橋ナンバー」の導入に、区の予算はどのくらいかかるのですか?
A 国が行う事業ですので、基本的には区の経費を使うものではありません。ただし、板橋ナンバーの図柄デザイン制作として経費がかかる予定です。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

政策経営部 ブランド戦略担当課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2515 ファクス:03-3579-2028
政策経営部 ブランド戦略担当課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。