板橋区のSDGs(持続可能な開発目標)への取組

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1021954  更新日 2020年4月1日

印刷大きな文字で印刷

SDGsとは

えすでぃじーずのロゴ

SDGs(持続可能な開発目標)とは、2015年の国連サミットで採択された2030年を年限とする国際目標です。持続可能な世界を 実現するための17のゴールから構成され、全ての国の共通目標となっています。

 

SDGsを見据えた持続可能な区政経営をめざして

板橋区SDGsろご

板橋区は、SDGsの推進に積極的に取り組むことで、三側面(経済・社会・環境)の統合的な発展による「東京で一番住みたくなるまち」の実現をめざしていきます。

SDGs推進に向けて東京ガス株式会社などと包括協定を締結

協定締結式写真

 SDGs推進のため、東京ガス株式会社北部支店及び東京ガスライフバルTAKEUCHI株式会社との連携と協力に関する包括協定を締結しました。本協定はSDGsが掲げるゴール17「パートナーシップで目標を達成しよう」を見据え、区と民間企業とが緊密な相互連携と協働による活動を促進することで、地域のニーズに迅速かつ適切に対応し、区民サービスの向上を図りながら、国際目標として定められたゴールをめざしていきます。
 今後SDGsをさらに推進していくためには、区だけでなく地域で活動するステークホルダーとの連携強化が不可欠となることから、エネルギー事業者として地域とともに社会の課題解決に取り組んでいる、東京ガス株式会社北部支店及び東京ガスライフバルTAKEUCHI株式会社と協定を締結しました。協定に基づき、ガス検針時などの地域の見守り活動など、様々な分野で連携強化を進めています。

「最上町産木材の利用と環境教育等の協働の推進」に関する覚書を締結

最上町協定締結式写真

区と山形県最上町は、最上町産木材の利用と環境教育等を通じて、相互地域における「経済」「環境」「社会」の統合的発展によるSDGs(持続可能な開発目標)の推進を見据え、これまで培ってきたパートナーシップをさらに深化させることを目的に「最上町産木材の利用と環境教育等の協働の推進」に関する覚書を締結しました。

あいおいニッセイ同和損害保険と包括連携協定を締結

協定写真

区は、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社と地域社会の発展に関する連携協定を締結しました。本協定では、産業、文化・スポーツ、教育、まちづくりなど地方創生に係る様々な分野で連携を強化し、「東京で一番住みたくなるまち」と評価されるまちづくりを推進するとともに、SDGsを原動力とした地方創生を図っていくことを目的としています。

職員研修

 協定に基づき区職員向けにSDGsの啓発や理解向上のための研修を実施しました。 

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

政策経営部 政策企画課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2011 ファクス:03-3579-4211
政策経営部 政策企画課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。