平成28年度 公文書館体験ツアー(平成28年7月30日)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1010126  更新日 2020年1月30日

印刷大きな文字で印刷

おかげさまで「平成28年度 公文書館体験ツアー 」は終了いたしました!

体験ツアー概要

28年度の体験ツアーは、講師に明星大学准教授である熊本博之氏(専門社会調査士)を招き、テキスト「公文書館の活用術! 聞き・見て調べる いたばしの昭和」を使用して、公文書館所蔵資料の上手な利用法について解説いただきました。
後半は「いたばしの昭和」のことをよく知る2人のゲストに登壇いただき、インタビューを実施しました。参加者の皆さまからも様々な質問が出され、なつかしい昭和のころの板橋の姿が浮かび上がってくるかのようでした。
終了後、参加者の皆さまからは「昔の板橋を知ることの大事さがわかった」、「インタビューのコツがつかめとても良かった」などの感想をいただきました。
最後に本ツアー開催にあたってご協力いただいた皆さまには、心より御礼申し上げます。

※ 熊本講師の講演「公文書館の活用術! 聞き・見て調べる いたばしの昭和」で使用された資料は、講師より許可をいただき、当ページ(添付ファイル)にてご覧いただけます。

写真1
熊本講師による講義の様子(午前の部)
写真2
インタビュー法実践の様子(午前の部)
写真3
閲覧室見学の様子(午前の部)
写真4
インタビュー法実践の様子(午後の部)

体験ツアーの記録

とき

平成28年7月30日(土曜日)

  1. 一般:午前9時30分~午後0時
  2. 小・中学生:午後1時30分~午後4時

ところ

板橋区公文書館

対象

  1. 午前の部:一般(高校生以上)
  2. 午後の部:小学5・6年生、中学生(親子での参加も可)

定員

各回20人(抽選)

費用

無料

事前講義

「公文書館の活用術! 聞き・見てしらべる いたばしの昭和」

ゲスト

松浦勉氏(前副館長、板橋区OB)、大澤鷹邇氏(板橋史談会、教員OB)

講師

明星大学人文学部准教授 熊本 博之氏(専門社会調査士)

参加人数

15名

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総務部 区政情報課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2020 ファクス:03-3579-4213
総務部 区政情報課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。