【ミニ企画展】知られざるいたばしの古墳

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号3000387  更新日 2021年10月1日

印刷大きな文字で印刷

展示について

画像

期間:令和3年(2021)10月5日(火曜日)-令和4年(2022)1月16日(日曜日)

於:郷土資料館 常設展示室内 ミニ企画展展示会場

時間:午前9時30分-午後5時(入館は午後4時30分まで)


 企画展「再発見!いたばしの遺跡ーいたばしの弥生時代・古墳時代ー」に合わせ、人類学者・石田収蔵や考古学者・酒詰仲男など、調査ノートに記された幻の古墳を紹介します。

展示資料

土偶と石器
土偶と石器類
画像
土偶ノート、上の土偶のスケッチです。
画像
大正時代に人類学者の石田収蔵が青森県八戸にある是川遺跡を発掘した際の図面と記録です。是川遺跡は令和3年に「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成要素の一つとして世界遺産に登録されました。
画像
豊島郡等遺跡調査ノート
画像
十腰内1式注口土器
画像
十腰内2式壺形土器
画像
土偶頭部

このページに関するお問い合わせ

板橋区立郷土資料館
〒175-0092 東京都板橋区赤塚5-35-25
電話:03-5998-0081 ファクス:03-5998-0083
教育委員会事務局 生涯学習課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。