成増ヶ丘小学校(平成30年2月21日訪問)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1012207  更新日 2020年1月25日

印刷大きな文字で印刷

6年1組38名、川田聡子先生の道徳の授業を拝見しました。来年度より小学校は、『道徳』が『特別の教科 道徳』となり、「考え 議論し合う道徳」をめざすことになっています。今日の授業は、まさに子どもたち一人一人が考え、対話しながら道徳的価値について学級全体で学び合う素晴らしい内容でした。

川田先生が今日のめあてを確認し、4月から区内小学校で採用する教科書の教材『門番のマルコ』を電子黒板に映し出し、感情込めて読み上げ、「マルコは門を開けるべきでしょうか、開けるべきではないでしょうか。」と問いかけ、本時が始まりました。

まずは、隣の子と意見を交わし、その後ワークシートに自分の考えをまとめ、今度は教室中を対話の場面にして意見の異なる子と交流が始まりました。どの子も積極的に関わり、相手のいない子には周囲から自然に声がかかっていました。中には、友達との交流の後、自分のワークシートを修正したり、書き加えている子もいたりしていました。

この後、二つの立場を熱く語り合い、そしてそれぞれの立場に対しての思いや質問等が活発に出され、川田先生がそれを上手に交通整理し、自分たちのアンケート調査とクロスさせ、めあてに沿ったまとめ・振り返りをワークシートに記させていました。何人かの子どもたちの発表内容に、葛藤しながらも自分なりの思いを発信している姿を見ることができ、『特別の教科 道徳』のめざす授業スタイルを垣間見ました。

写真1
はじめに『今日のめあて』を確認します
写真2
電子黒板に映し出し、感情を込めて読み上げ

写真3
子どもたちへ問いかけ。いよいよ始まります
写真4
ワークシートに真剣に向き合っています

写真5
教室中を対話の場面とし、交流中です
写真6
交流の後に、ワークシートを修正しています

写真7
熱く語り合い活発な意見交換が見られました
写真8
最後にめあてに沿ったまとめ・振り返りです

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 教育総務課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2603 ファクス:03-3579-4214
教育委員会事務局 教育総務課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。