志村第三中学校(平成30年9月5日訪問)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1012096  更新日 2020年1月25日

印刷大きな文字で印刷

教育長ぶらっと訪問

志村第三中学校は、平成26年度から特別支援教育を中核としたユニバーサルデザインの視点に立った授業づくり、学級づくりの研究に取り組み、28年度には研究発表会を開き、板橋区の授業の在り方である『板橋区授業スタンダード』をいち早く学校全体で取り組んでくださった学校です。毎年、お邪魔していますが、授業の質は高く、子どもたちの主体的・対話的な学びがどの学級からもうかがわれます。

「部活中 がんばる君に 一目惚れ 青空の下 エールを送る」。2年3組の国語の授業では、7月の短歌の学習の延長線上で夏休みの宿題で創った作品の鑑賞会でした。どれも見事な作品ばかりで、それに対する友達の書評もお見事!!冒頭の作品について先生と生徒が楽しそうに書評し合う雰囲気は「私も仲間に入りたい!」と心底思えました。

板橋区の教科等指導専門官(授業のスペシャリスト) 島先生の家庭科の授業は、板書からICT機器の活用から、子どもたちを引き付ける素敵な流れでした。電子黒板もご自身作成のソフトを使って、バリエーションにとんだ内容で、食育への関心が深まったことでしょう。

5時間目は、1年・2年・3年の各学年で道徳の研究授業が行われました。来年度から中学校も教科書を使い、道徳が教科となります。「考え議論する道徳」への移行に先生方も授業を模索中。そんな時に、2年生の道徳は個人でじっくり考える時間と、教室をオープンスペースにして自由に友達と語り合う時間、さらにはグループで議論する時間など多様な学習の形を取り、どの子も自分の思いを語り、友達の思いを聴き入っていました。こういった授業へのチャレンジをするのが志村第三中学校の先生方の素晴らしさでしょう。協議会も充実していました。

写真1
こちらの授業は短歌の鑑賞会です
写真2
先生と生徒が楽しく書評。私も混ざりたい!

写真3
食育への関心が深まる家庭科の素敵な授業
写真4
道徳。まずは個人でじっくりと考える時間

写真5
続いて、友達と自由に語り合う時間です
写真6
先生方の協議会も本当に充実していました!

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 教育総務課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2603 ファクス:03-3579-4214
教育委員会事務局 教育総務課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。