上板橋第二中学校(平成30年11月7日訪問)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1012115  更新日 2020年1月25日

印刷大きな文字で印刷

教育長ぶらっと訪問

板橋区立中学校教育研究会道徳部が主催し、上板橋第二中学校の3年生の学級で、新規採用教員の遠藤先生が来年度から中学校で始まる「特別の教科 道徳」を意識した授業を行いました。「特別の教科 道徳」の授業で大切にすることは、子どもたちが題材の内容を自分事と捉え「考え 議論する」ことにあります。

題材は『二通の手紙』というもので、動物園に勤務している元さんと幼い姉弟のやりとりについて考えるものとなっています。遠藤先生が題材を丁寧に読み上げ、二通の手紙を受け取った元さんの気持ちについてまずは一人で考えさせ、ワークシートに記入させ、その後発表し合いました。

そして2つ目の「元さんはどんなことを考えさせられたのでしょう」という発問に対しても、まずは一人で考え、それをもとにグループで話し合い、ホワイトボードにまとめ、3グループから発表し、遠藤先生の話があり、最後は一人一人の振り返りの時間を取りました。

10月29日の板橋アカデミーでは、文部科学省の道徳の教科調査官 浅見先生から「特別の教科 道徳」について講義を受けた後だけに、私だったらこうするという場面もありましたが、子どもたちにいろいろ考えさせる時間を多く取ったこと、授業の最後にしっかり振り返りをさせたことなど、参考となる授業でした。

写真1
遠藤先生の丁寧な読み上げに集中しています
写真2
まずは一人で考えワークシートにまとめます

写真3
グループでの話合いはなごやかに進みました
写真4
各班の意見がホワイトボードに出揃いました

写真5
発表を受け、遠藤先生からのお話
写真6
最後に一人一人しっかりと振り返りました

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 教育総務課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2603 ファクス:03-3579-4214
教育委員会事務局 教育総務課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。