特別支援教育とは

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1012250  更新日 2020年1月25日

印刷大きな文字で印刷

特別支援教育とは、一人ひとりの教育的ニーズに応じた適切な教育的支援を行い、そのもてる力を高めるものです。

板橋区では、幼児児童生徒の自立や社会参加に向けた主体的な取組を支援するという視点に立ち、一人ひとりの教育的ニーズを把握し、そのもてる力を高め、生活や学習における困難を改善又は克服するための適切な指導及び必要な支援の充実を推進しています。

区立の幼稚園・小学校・中学校では、次のような事業を実施しています。

巡回指導講師

心理士資格や教員資格を有する講師が、区立の幼稚園・小学校・中学校を2週間に1回、巡回しています。巡回した幼稚園や学校で、通常の学級の担任や特別支援コーディネーター等への助言・支援を行います。

特別支援アドバイザー

臨床心理士又は臨床発達心理士等の資格を有するアドバイザーが、区立の幼稚園や小学校・中学校の通常の学級において、特別な支援を要する児童・生徒に対し、保護者等からの相談に応じ、心理的な面からの助言及び必要な措置を行うとともに、通常の学級の指導や学級経営等に対する教員への支援を行い、特別支援教育の推進及び適切な就学に向けた相談を行います。

スクールカウンセラーの配置

各小中学校に週1回、東京都からスクールカウンセラーが派遣されています。
児童・生徒、保護者からの相談を行い、必要に応じて関係機関につなぐための助言も行います。

特別支援教育相談

教育支援センターの教育相談アドバイザーが、一人ひとりに応じた就学先の相談を実施しています。また、お子さんの特別支援教育等についてお悩みのある方の相談を行っています。

特別支援学級

板橋区では、一部の小・中学校に特別支援学級を設置しています。特別支援学級では、一人ひとりの児童・生徒のもてる力を高めるための指導や、課題を改善するための指導を行っています。
特別支援学級には、固定学級(毎日通う学級)として、知的障がい学級があり、通級指導学級(週に数時間通う学級)として、情緒障がい等学級(中学校のみ)、聴覚障がい学級(小学校のみ)、言語障がい学級(小学校のみ)があります。

STEP UP教室(特別支援教室)

板橋区では、全ての小学校に情緒障がい等通級指導学級に替わる特別支援教室を設置しています。特別支援教室では、知的な発達に遅れの無いお子さんで、通常の学級において学習上・行動上困っていることを軽減・改善することや、一人ひとりにあった方法で自信をつけながら、社会的適応力を育てる指導を行っています。対象の児童への指導は、週に1回程度、教員が児童の在籍校を訪問し、在籍校内に設置している特別支援教室で行います。
特別支援教室が設置されている小学校には、特別支援教室専門員が配置され、指導で使用する教材の作成や時間割の調整、先生方への連絡等を行っています。

また、中学校においても平成30年度から順次、特別支援教室の設置を進めています。東京都の特別支援教育推進計画では、令和3年度には、都内全中学校に特別支援教室を設置することになっています。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 指導室
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2641 ファクス:03-3579-2649
教育委員会事務局 指導室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。