ボランティア・市民活動情報コーナー 平成24年度報告

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1013012  更新日 令和2年1月28日

印刷大きな文字で印刷

『板橋を昔話でめぐってみよう!』 私たちのまちを学んで、もっと好きになろう(5)

毎年、意外と知られていない板橋の魅力的な一面を知っていただき、そのことによって私たちのまちをもっと好きになってもらいたいとフォーラムを企画し、開催しております。今回のテーマは「板橋の昔話」です。昭和53年に出版された『いたばしの昔ばなし』の編集に携わられ、板橋の歴史・文化にも造詣が深い小林保男さんをお招きし、昔話の源流、板橋の昔話から見えてくる当時の様子、『いたばしの昔ばなし』を編集した時のエピソードなどをお話していただきました。また、読み聞かせのボランティアをされている木綿の会の皆さんには、紙芝居、素読、朗読で板橋の昔話を4話紹介していただきました。そのお話一つ一つに、スタッフが取材をしてきた「お話の舞台となった土地」の紹介もあり、盛りだくさんの内容となりました。
板橋に住み始めたばかりの方にとっても、長年住んでいる方にとっても、「私たちのまちを知る」良い機会となったようでした。

写真1
フォーラムの様子
写真2
語りの様子

板橋の昔話について(板橋区文化財保護審議会会長:小林保男さん)

まず、昔話の総論的なお話から始まりました。古代神話からはじまる昔話の源流、それが中世、近世と時代を経ることによって、どのように変化していったのか、説明してくださりました。
次に、昭和53年に出版された『いたばしの昔ばなし』を編集された時のエピソード、昔話を通して見える当時の板橋の様子、昔話と現実の歴史の接点についてお話を聞かせていただきました。編集に携わったご本人だからこそ知っている裏話など興味深い内容が盛りだくさんで、もっとお話を聞かせていただきたかったという感想が多くありました。

昔話の紹介(協力:木綿の会)

【第1話】志村落城と見次権兵衛(『いたばしの昔ばなし』昭和53年板橋区教育委員会発行より)

  • 朗読:木綿の会
  • 舞台となった土地の説明:ボランティア・市民活動情報コーナースタッフ

【第2話】タク地蔵さん(『暮らしの中の語り』より 再話・木綿の会)

  • 語り:木綿の会
  • 舞台となった土地の説明:ボランティア・市民活動情報コーナースタッフ

【第3話】大谷口の代かき地蔵(DVD・東京MXTV特集番組より)

  • DVD上映
  • 舞台となった土地の説明:ボランティア・市民活動情報コーナースタッフ

【第4話】縁切榎と身禄さん(『いたばしの昔ばなし』より 再話及び絵・木綿の会)

  • 紙芝居:木綿の会
  • 舞台となった土地の説明:ボランティア・市民活動情報コーナースタッフ

【第5話】狐につかれた三之助(『いたばしの昔ばなし』より)

  • 朗読:木綿の会
  • 舞台となった土地の説明:ボランティア・市民活動情報コーナースタッフ
写真3
舞台となった土地の紹介

展示物の協力

  • 板橋区公文書館:複製「中山道分限延絵図」、写真パネル
  • 板橋絵本の会:「下頭橋物語」、「徳丸の田遊び」等手作り絵本
  • 木綿の会:「板橋のむかし話(再話)」、「下頭橋の六蔵さん」等紙芝居
  • 宮下様:創作民話『大仏さまとカラス』
写真4
展示

参加者の感想(一部)

  • 初めて参加しました。昔話の舞台を取材した報告もあったので、内容もふくらんで、とても興味深く思いました。お伝え最中もおいしくいただきました。
  • 昔話にどういうものがあるか知りませんでしたので、今日は大変楽しく、ありがとうございました。
  • 毎日ウォーキングしており、今日のお話の所も歩いています。皆さんもぜひまわってみると楽しいです。
  • 市原悦子さんの昔話に興味があり、今日は楽しかった。
  • 25年前に絵本作りの講座を受けました。その時の本を、今日は展示して貰ったので、どうぞ見てください。
  • 東京の疎開先から、この地に来て60数年経ちます。家の周りしかわかっていません。当時はうっそうとしていて狐が出そうなところでしたが、今はすっかり開けてしまいました。今読み聞かせをやっていますが、板橋の物語を呼んだり聞かせたりしている人たちがいることを知り、本当に素晴らしく、板橋ってこんなにいいところなんだ、もっともっといいお話が出てくるのではないかと、とても楽しみです。
  • 自転車でありこち回っていることが多いものですから、興味を持って来ました。皆さん、お上手で感激しました。
  • 小林先生のお話を何度も聞きました。板橋学を教えて頂きました。町の古老から「赤塚七塚」とよく耳にしましたが、この頃全く聞きません。どこへ行っても平らです。こういったお話を先生にお聞きしたいです。
  • だいたい休みの日はあちこちブラブラしています。(板橋は)昔から人がいて、色々なことを考えて、色々なことを残したなと思います。こんな機会はありがたいです。
  • 昔話の起源とか広がりとか、どういう人達が伝えたかということを聞きたいなと思って来たので、少しだけ残念ですが、素晴らしい試みでよくわかりました。今日は、目でも、味覚でも、色々な形で伝えていただき、ありがとうございました。
  • 昔の板橋はこういう風だったのだと伝えられているのだと、初めて知りました。よく知らなかったので、良かったです。
  • まったくわからないことだらけでした。やっと時間ができたので、これからもっと知りたいと思います。
  • 木綿の会の紙芝居、読み聞かせなどがあるということを、図書館に置いてあったチラシで知り、好奇心から参加しました。
  • 小林先生のお話、木綿の会さんのこと、感激しながら拝聴しました。小林先生のお話を、もう何時間か聞きたかったと思いました。
  • 木綿の会の素晴らしい活動にふれました。
  • 正直言ってあまり地元のことは興味がなかったのですが、定年になったとたん、生まれ育ったところに愛着がわき、時間があると神社仏閣を巡ったりしますが、もっと知りたいと参加しました。縁切榎は知っていましたが、その他は初めて聞く話ばかりでした。来てよかったと思います。

終了後のアンケート(一部)

  • 昔話の編集当時のお話なども聞けて勉強になった。木綿の会の皆さんの活動もすばらしいと思った。
  • 昔話の舞台となった所を取材し、報告してくださったので、昔話の内容が膨らんで楽しみが増えました。お伝え最中、お茶、おいしかったです。
  • 朗読、語り、DVD、紙芝居等、色々あり楽しめました。説明がありよかったです。
  • 木綿の会の素晴らしい活動に感激しました。板橋区がますます好きになりました。
  • 板橋区内の色々な所を昔話で、色々な形(紙芝居、朗読、DVD等)で紹介してくださり、改めて区内のことがよくわかりました。また、現在の様子も写真で見せてくださり、本当にありがとうございました。
  • 板橋宿で色々な歴史があると思っていましたが、再度板橋の歴史をたどってみたくなりました。昔話も楽しく聞かせていただきました。
  • とても有意義でした。67年も現在地に住んでいるのに何も知りません。これから訪ね歩こうと思っています。
  • 区民創作講座に初めて参加しました。内容も深く、意義のあるものでした。次回はどんな創作講座か楽しみです。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 生涯学習課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2633 ファクス:03-3579-2635
教育委員会事務局 生涯学習課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。