資源・ごみの出し方と収集について(新型コロナウイルス感染症関連)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1021948  更新日 2022年10月17日

印刷大きな文字で印刷

ごみ収集について

ごみ収集と資源の回収は、区民の皆様の生活を維持するために必要不可欠な業務です。

新型コロナウイルスの感染拡大期においても、継続して収集作業を行う予定です。

収集時間も通常通りを予定していますが、今後の状況により、通常よりも早く収集する場合や遅くなる場合も想定されます。

ごみと資源は必ず収集曜日の朝8時までに集積所にお出しください。

(注)今後、収集の方法や品目に変更が生じる場合は、区ホームページでお知らせします。

粗大ごみの申込について

粗大ごみの申込が通常時と比べ増加し、収集と持込ともに日数を要する状況となっております。また、お申し込みが集中し、電話が繋がりにくいことがあります。恐れ入りますが、しばらくしてからかけ直していただくか、インターネット(パソコン、スマートフォン、携帯番号)でのお申し込みは二十四時間受け付けておりますので、ご利用ください。ご迷惑をおかけしておりますが、皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

マスクなどの捨て方

ご家庭において、万一、新型コロナウイルスなどの感染症に感染された方、あるいは、感染の恐れのある方がおられる場合は、更なる感染拡大を防止するため、使用したマスクやティッシュなどを捨てる場合には、次のポイントを踏まえたうえで、可燃ごみの排出日に出してください。

使用したマスクやティッシュなどの捨て方のポイント

  • ごみに直接触れない。
  • ごみ袋はしっかりしばって封をする。
  • 袋を二重にする。
  • 破裂を防ぐため、ごみ袋の容量に余裕を持たせて入れる。
  • ごみを捨てた後は手を洗う。

新型コロナウイルスの検査用試薬キットの処分

ご自身でPCR検査、抗原検査および抗体検査ができる試薬キットが市販されています。針のない使用済みのキットは、可燃ごみとして区で収集ができますので、以下のように処分をお願いします。ただし、出す際は以下の(注)をお読みください。

(注)針のあるキットを処分する際は、購入したお店、メーカーに相談してください。

  1. 使用後はビニール袋などに入れ、4日間保管をお願いします。(WHOは、新型コロナウイルスは、プラスチックの表面では最大72時間生存するとしています。)
  2. 5日目以降に可燃ごみとして、上記「マスクなどの捨て方」と同様に、ごみ袋はしっかりしばって封をして、可燃ごみの排出日に出してください。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のためにも、皆さまのご協力をお願いいたします。

資源(びん・缶・ペットボトル)の出し方

ご家庭内において、新型コロナウイルスなどの感染症に感染され自宅療養中の方、あるいは、感染の恐れのある方がおられる場合は、更なる感染拡大を防止するため、排出方法が通常と異なりますのでご協力お願いいたします。

  • びんや缶はご自宅で一週間程度保管のうえ資源の日に排出してください。(飲料・食品用に限ります。中をすすいでください。)
  • ペットボトルは可燃ごみの日に排出してください。(中をすすいでください。ごみ袋は二重にし、しっかり縛って封をしてください。)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe® Reader®」が必要です。お持ちでない方はアドビ株式会社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

資源環境部 資源循環推進課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2217 ファクス:03-3579-2249
資源環境部 資源循環推進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。