いたばしみんなの食べきりチャレンジ運動 参加協力店舗募集

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1027689  更新日 2020年10月19日

印刷大きな文字で印刷

区では、本来食べられるのに捨てられている食品「食品ロス」の削減を積極的に推進していくために、令和2年12月から令和3年1月まで、「いたばし みんなの 食べきりチャレンジ運動」を行います。
一緒に「食品ロス」を減らす取り組みをしていただける店舗様を募集します。

 

食べきりチャレンジ運動 チラシ

1 実施期間

令和2年12月1日(火曜日)から令和3年1月31日(日曜日)まで

2 取り組みの内容

・下記の取り組みの中から一つ以上に取り組んでいただきます。

・すでに実施されている店舗様にもご参加いただけます。

  • 食べきり(3010運動など)の呼びかけポスターの掲示
  • 小盛メニュー、ハーフサイズメニュー(レディースサイズメニュー)などの設定
  • (利用者の要望に応じた)ご飯や麺などの量の調節
  • ばら売り、量り売りの実施
  • 閉店間際、消費・賞味期限間近の値引き販売の実施
  • その他、店舗での独自の取り組みの実施(フードシェアリングへの参加、店舗でのフードドライブの実施、完食者へのサービス券などの発行、(取扱説明したうえでの)持ち帰り対応、食材を使い切る工夫、メニュー開発など)

3 参加の方法

申込受付期間中に、区に参加申込書をご提出ください。様式は添付ファイルに掲載しています。

参加申し込みをいただいた店舗様に、「食品ロス」を減らす取り組み内容が記載できる啓発用ポスターをお配りいたしますので、店舗の内外に掲示してPRしてください。

4 申込受付期間

令和2年10月19日(月曜日)から令和2年11月16日(月曜日)まで

 

5 参加申込書の提出先

メール

s-recycle@city.itabashi.tokyo.jp
ファクス
03-3579-2249
郵送
〒173-8501 板橋区板橋2-66-1 板橋区資源循環推進課資源循環協働係 宛

窓口

板橋区役所 北館 7F 11番窓口
電話
03-3579-2258

6 参加のメリット

ご参加いただく店舗の情報をホームページでお知らせします。また、別途取材をさせていただき、取り組みの様子を広くお伝えさせていただく場合もあります。

7 令和元年度参加店舗によるアンケート結果

参加協力店舗27店舗でアンケートを実施した結果は次のとおりです。(回答数19店舗)

Q 「店舗での食品ロス(食べられるのに捨てられているもの)の発生原因は何ですか?近いものを教えてください。

 

グラフ

Q 「食品ロス」にまつわる、お客様とのエピソードなどございましたらお知らせください。(一部抜粋)

  • 1人で来店のお客様には、単品で量が多いものは、お声がけして半分の量にしてお出しすると、喜ばれることが多いです。
  • 今回の期間以外でも、常連様は積極的にご飯を小盛にして欲しい・麺を半分にして欲しいなどお客様との会話も増え親密になり、再度来店するなど関係性は良い方向に向かっています。
  • メニューに出ているものであらかじめ苦手なものは、お客様が伝えてくださると別のものに変えられるのでロスになりません。
  • お客様から、ちらしずしはごはん少なめに、握りずしはシャリを小さくしてくださいと言われるので、あまり捨てることがなくなりました。
  • 小袋サイズで食べやすいという声がありました。

 

Q その他の声(一部抜粋)

  • パーティー時の残った料理のお持ち帰りには、特に女性のお客様が喜んでお持ち帰りになっていたのが印象的でした。
  • 常連の方が多いので、その方々の特徴をよく知ることでロスがなくなります。
  • 何回も来てくださるお客様は、少なめで良い人か多めの人か分かりますので、残さないように作っています。

 

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

資源環境部 資源循環推進課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2217 ファクス:03-3579-2249
資源環境部 資源循環推進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。