東京都指定有形文化財「旧粕谷家住宅」

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1004865  更新日 令和2年8月11日

印刷大きな文字で印刷

都内最古級の古民家を次世代に引き継ぐ

一般公開の再開について

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、一時中断していた旧粕谷家住宅の一般公開を令和2年5月30日から再開しております。ご見学にあたりましては、感染防止にご留意くださいますよう、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

都指定有形文化財「旧粕谷家住宅」の保存・管理事業のクラウドファンディングについて

概要

平成30年3月に東京都指定有形文化財となった古民家「旧粕谷家住宅」の保存・管理に要する経費を「ふるさと納税を活用したクラウドファンディング」により寄付を募ります。

板橋区・徳丸地域の宝物を守るために

板橋区は旧粕谷家住宅を文化財として大切に保存しながら、地域の憩いの場、さらには板橋の郷土芸能などの披露の場として活用し、区の魅力発信に取り組んでいます。

その一方で、貴重な建造物を保存する上では、フランス・ノートルダム大聖堂や首里城跡での火災による惨事が繰り返されることのないよう、歴史的な価値のある文化財の防火対策への早急な取組が求められています。

そこで板橋区は、放水銃などの防消火設備と管理棟を旧粕谷家住宅の敷地内に整備し、防火・防犯機能の向上を図ることで貴重な文化財を確実に次世代へ継承してまいります。

整備スケジュール

令和元年7月ー令和2年3月 防消火設備(放水銃など)・管理棟設計委託
令和2年9月ー令和3年度 防消火設備(放水銃など)・管理棟設置工事

  • 工事期間中は一般公開休止予定。
  • 放水銃とは、屋外炎検知器と連動し、炎を感知すると自動的に屋根面に一斉放水する消火設備です。

旧粕谷家住宅のサポーターになろう!!!

古民家文化財「旧粕谷家住宅」を見守るサポーターとして、寄付にご協力をお願いいたします。寄付金は、防消火設備・管理棟の整備費用の一部にあてさせていただきます。
なお、3万円以上寄付をいただいた方には、今後設置予定の管理棟に、銘板(予定)にてご芳名(個人はご本人様の氏名、団体は団体名に限る)を掲示させていただきます!(希望制)

寄付手続のご案内

受付期間

令和2年7月1日(水曜日)12時から9月30日(水曜日)まで

【1】ウェブサイトからのお申込み

下記リンク先からお申込みページにアクセスしてください。クレジット払いのほか、各種支払い方法をご選択いただけます。

 

【2】区役所窓口でのお申込み

「いたばし応援寄付金申込書」をご提出いただき、区役所窓口(地域振興課・区役所8階12番窓口)で直接お支払いいただくか、交付される納付書で、指定金融機関にてお支払いください。寄付先には「旧粕谷家住宅の保存・管理事業」と記載してください。

なお、「いたばし応援寄付金申込書」は、地域振興課の窓口で配布しているほか、下記ページから様式のダウンロードすることが可能です。

領収証の交付

寄付金のお支払い後に領収証が交付されます。確定申告など税務上の諸手続きに必要となりますので、大切に保管してください。

寄附金控除について

個人の方が板橋区に対し寄附を行った場合、ふるさと納税の対象となり、税制上の優遇措置である寄附金控除の対象となります。この場合、原則として自己負担額2,000円を除いた全額が控除の対象となりますが、全額控除される寄附金額には、収入や家族構成などに応じて一定の上限があります。 

「ふるさとチョイス」のページでは、寄附金控除のシミュレーションを行うことができます。目安として参考にしてください。

また、確定申告を行わなくとも寄附金控除が受けられる制度(ワンストップ特例制度)を利用できる場合があります。詳細は下記ページをご参照ください。

問い合わせ先

  • このプロジェクトに関すること
    生涯学習課文化財係 電話 03-3579-2636(区役所北館6階15番窓口)
  • 寄付のお申込・支払いに関すること
    地域振興課庶務係 電話 03-3579-2161 (区役所北館8階12番窓口)
写真1
旧粕谷家住宅全景
写真2
ダイドコロ(台所)

写真3
オカッテ(御勝手)
写真4
区指定無形民俗文化財 徳丸北野神社獅子舞

旧粕谷家住宅とは

江戸時代、徳丸地域は徳丸本村と徳丸脇村、徳丸四ッ葉村に分かれていました。粕谷氏は代々徳丸脇村の名主を務めた家ですが、享保11年(1726)以前に、その名主粕谷家から浅右衛門が隠居し始まった家と伝えられています。
旧粕谷家住宅は、建築当初の部材がよく残っており、それらに残された痕跡をもとに、建築当初の形を復元整備する工事を平成28年から平成30年の2年をかけて行いました。その過程で、南東隅の柱の枘(ほぞ)に「享保八年 卯二月三日 …」の年紀が発見され、当住宅の建立年代が享保8年(1723)であることが判明しました。

旧粕谷家住宅の注目すべき特徴として、以下が挙げられます。

  1. 土間と板の間の境に3本の大黒柱が建つ
  2. 押板(おしいた)を備えている
  3. しし窓を備えている
  4. 3間四方のヒロマがある

当住宅は関東地方の古い民家に認められる特徴を多く有しており、江戸中期まで遡ることができる関東地方では最古級に属する古民家のひとつです。
また、敷地は土地区画整理事業等により旧来の範囲とは異なるものの、なお屋敷庭として整備されており、家屋と一体で落ち着いた佇まいを示しています。
構造 寄棟造 木造茅葺 平屋建 桁行16.253m、梁間8.181m
敷地面積 1,292.28平方メートル
建築面積 135.71平方メートル

平成15年(2003)12月15日 「粕谷尹久子家住宅」板橋区指定有形文化財(建造物)に指定
平成19年(2007)3月 所有者粕谷尹久子氏から板橋区に寄贈。
これに伴い、当家が「東の隠居」と呼ばれていたため、名称を「旧粕谷家(東の隠居)住宅 付宅地」に変更。
平成30年(2018)3月15日 「旧粕谷家住宅」東京都指定有形文化財(建造物)に指定

一般公開について

公開時間

午前9時30分から午後3時30分まで

休園日

  1. 月曜日(祝日の場合は翌日)
  2. 年末年始(12月29日から1月3日まで)

所在地

東京都板橋区徳丸7-11-1

交通

【電車】都営三田線「高島平駅」徒歩15分、東武東上線「東武練馬駅」徒歩20分
【バス】国際興業バス「紅梅小学校」徒歩3分
赤02[成増駅北口⇔赤羽駅西口(志村三丁目駅経由)]
板橋区コミュニティバス≪りんりん号≫「徳丸西」徒歩7分
板橋市場~新高島平駅~下赤塚駅循環
※各駅からの旧粕谷家までのル-ト案内は、ページ下部のPDFをご参照ください。

※注意事項

  1. 火気を使用しないでください。
  2. 喫煙・飲食はご遠慮ください。
  3. 植物の採取はご遠慮ください。
  4. 営利目的とした撮影等はできません。
  5. 駐車場はございませんので、公共交通機関をお使いください。
  6. ペットの連れ込みはご遠慮ください。
写真5
建築年代が確定された柱の墨書
写真6
享保14年の祈祷札
写真7
雪景色

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 生涯学習課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2633 ファクス:03-3579-2635
教育委員会事務局 生涯学習課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。