CAP'Sゆりの木児童館 おしらせプラス

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1004586  更新日 2022年9月25日

印刷大きな文字で印刷

新型コロナウイルス感染拡大防止のための児童館の対応について

板橋区内児童館における新型コロナウイルス感染症拡大防止に、ご理解とご協力をいただきありがとうございます。

区内全26児童館は開館時間の短縮、施設内の消毒、定期的な換気、健康確認の徹底など、
安心してご利用いただけるよう感染予防と拡大防止策に努めております。

開館状況、イベント・プログラム活動の実施などについては、感染拡大の状況や緊急事態宣言発令などにより中止・変更する場合があります。

当ページの情報は通常開館中のものになりますので、最新情報については、以下リンク先(児童館の開館について)で確認、または直接児童館にお問い合わせください。

相談事業の実施

区内の全児童館では子育てに関するちょっとしたお悩みやご相談に、児童館職員が応じます。
こんなこと聞いてもいいのかな?などと思わずに、まずはお気軽にお電話ください。

CAP‘Sゆりの木児童館
 電話 03-3977-2651
【相談時間】
 月曜日から金曜日の午前9時から午後5時まで(祝日は除く)

CAP‘Sゆりの木児童館 みてみて

「おしらせプラス」では、CAP'Sゆりの木からのおしらせや実施したイベントの様子などをお伝えしています。

ゆりの木おたのしみday

写真:ゲームコーナー
ボールを転がすゲームを楽しむ子ども

8月31日 水曜日 夏のお祭り「ゆりの木おたのしみday」を行いました。
ヨーヨー釣りやくじ引き、ゲームコーナーなどたくさんの親子がお祭りを楽しみました。当日は赤塚第三中学校の中学生や地域のボランティアの方がお手伝いしてくださいました。好きなお面をつけておみこしの前で記念写真も撮り楽しい夏の思い出ができました。

ダイナミックえのぐあそび

写真:えのぐあそび
絵具でダイナミックに「海」を描きました

8月12日 金曜日 「ダイナミックえのぐあそび」を行いました。この日は大人も子どもも汚れることなど気にせず、大きな紙に思い思いに絵をかきました。子どもたちはだんだんダイナミックに遊べるようになり、大きな海の絵が描けました。

うちわを作ろう

写真:うちわ
野菜スタンプを押したうちわ

8月10日 水曜日、うちわ作りをおこないました。白いうちわに野菜のスタンプを押して模様を付けました。レンコン、オクラ、ピーマン、ゴーヤなどの断面は面白い形をしています。また、エノキや小松菜の根元もスタンプにしてみると意外な形が表れてびっくりでした。野菜の形を楽しみながら自分だけのオリジナルうちわを作りました。当日は赤塚第三中学校の中学生がボランティアでお手伝いしてくれました。

アスレチックあそび

アスレチックの写真
アスレチックで戸板を上る子ども

8月4日 木曜日、8月5日 金曜日は「アスレチックあそび」をおこないました。広いホールに0歳から1歳児までと2歳児から5歳児までに分かれて、それぞれの発達に合わせたアスレチックあそびを楽しみました。トンネルや滑り台、はしご上り、トランポリン、ジャンプ台など様々なコーナーがあり、体を動かして思いっきり遊びました。
 CAP'Sゆりの木では、毎月アスレチックあそびをおこなっています。実施日は毎月のCAP'Sゆりの木のお知らせや乳幼児活動カレンダーでご確認ください。

すいかわりごっこ

写真:すいか割り
すいかわりごっこの様子

8月2日 火曜日に「すいかわりごっこ」をおこないました。食べられないけど、たたくとパカッと割れるスイカを何度もたたいて「スイカ割り」を楽しみました。

花火ごっこ

写真:花火
ホールに花火があがりました

8月1日 月曜日CAP’Sゆりの木のホールにきれいな打ち上げ花火が上がりました。大きな花火大会を見ることはなかなかできない状況ですが、お部屋の中での花火ごっこに歓声を上げ楽しんでいました。親子で手持ち花火作りの工作も楽しみました。

ミトンの会人形劇

写真:ミトンの会
ボランティアミトンの会による人形劇です

6月2日 木曜日にボランティアグループ「ミトンの会」による人形劇がありました。コロナの状況によりしばらく中止していましたが、3年ぶりに開催することができました!今回の演目は「はなさかじいさん」でした。ぬくもりあふれる手袋人形での素敵なお話に、親子はじっくり楽しんで見ていました。物語の最後で枯れ木に花が咲いた時には、子どもたちから歓声が上がっていました。もう1つの演目「ポイポイたいそう」では、ワンちゃんたちが歌をうたいながらかわいい体操見せてくれましたよ。

わくフェスweek 物語の世界で遊ぼう!

写真:物語の世界で遊ぼう
物語の世界で遊ぼうの様子

5月16日 月曜日から5月28日 土曜日はこどもわくわくフェスタ2022でした。CAP'Sゆりの木わくフェスweekでは、「物語の世界で遊ぼう!」というタイトルで、ホールがテーマパークに大変身しました。おむすびをコロコロ転がしたり、がらがらどんの橋を渡ったり、おおきなかぶを引っぱったり、シンデレラの馬車に乗ったりと、絵本をモチーフにしたいろいろな遊びを楽しんでもらいました。たくさんのお友達が遊びに来てくれました。他にも絵本のポイントラリーや工作、ボランティアさんによるおはなし会などもあり、たくさん絵本の世界を楽しみました。

 

 

絵本「よろこび」の原画展

写真:「よろこび」原画展
絵本「よろこび」原画展の様子

5月24日 火曜日と5月25日 水曜日に絵本「よろこび」の原画展がCAP'Sゆりの木で開催されました。板橋区在住のイラストレーター二見さんによる優しいタッチの動物たちと坂口さんの素敵な文章にほっこり。親子で一緒に原画展を楽しみました。原画の中にある小さなハート探しも楽しみの1つになりました。

ピッピおはなしの会

写真:ピッピおはなしの会
ボランティアピッピさんによるおはなし会です

CAP'Sゆりの木で毎月1回おはなし会をしてくれているボランティアさんです。5月のCAP'Sわくフェスweekではスペシャルバージョンでおはなしをしていただきました。上記の原画展にあった「よろこび」の絵本も読んでいただきました。毎月季節に合った絵本を選んで読み聞かせをしたり、手あそびなどを取り入れながら小さなお子さんでも飽きないように工夫してくれています。おはなしの最後には絵本の紹介もあり、「どんな本を選んだらいいかわからない」というパパ・ママたちに参考になるお話もしてくれています。

淑徳大学PITAPETAのパネルシアター

写真:ピタペタ
淑徳大学パネルシアターサークルPITAPETAさん

5月28日 土曜日は淑徳大学PITAPETAさんによるパネルシアター公演がありました。午前2回、午後1回の合計3回の公演で、人数を制限して行いました。おはなし「魔法の電子レンジ」ではおいしく変身する食べ物にびっくり!ひつじさんの洋服を作る場面では、みんなの好きな色を混ぜて何ができるかな?とワクワクしました。大学生の素敵なお兄さんお姉さんたちが、みんなのためにたくさんのお話をしてくれました!

図書コーナーをリニューアルしました

写真:図書棚
お気に入りの絵本をさがしてみてね

お子さんとふれあう貴重な時間を絵本で過ごしてみませんか。「あっ」の発見や「これは?」の不思議など絵本にはお子さんの興味がたくさん詰まっています。 果物やお菓子の絵本、動物が登場する仕掛け絵本などお子さんの成長と興味に合せて、本選びから読み聞かせまでをお子さんと一緒に楽しんでください。そして「どんな本がありますか」「絵本は何歳から始めたらいいですか」など困ったときは、児童館の先生にぜひ相談してください。CAP'Sゆりの木は図書コーナーをリニューアルして「絵本のまち板橋」を応援しています。

2・3か月児の母と子の会

写真:2・3か月児の乳児
1月・2月生まれのお子さんの児童館デビュー!

CAP'Sゆりの木では、2・3か月のお子さんがいらっしゃるお母さん同士の交流会を毎月1回行っています。近所にお友だちがほしい。他のママと話がしたい、聞きたい。他のお子さんの様子を知りたい。など、赤ちゃんを連れて外出するきっかけとしてお気軽に遊びに来てください。交流会では、親子のふれあい遊びを中心に赤ちゃんフォトやママトークなどゆったり過ごせるプログラムを準備して、みなさんのお越しをお待ちしております。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部 ゆりの木児童館
〒175-0093 東京都板橋区赤塚新町三丁目32番11-209号
電話:03-3977-2651 ファクス:03-3977-2723
子ども家庭部 子育て支援課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。