板橋区の紋章・ロゴ・マークなど

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1006704  更新日 2020年1月25日

印刷大きな文字で印刷

区の紋章

「イタバシ」の文字を図案化したもので、中央の円の左が「イ」、右が「タ」、円の四方に「ハ」、を4個組み合わせて「ハシ」をそれぞれあらわし、本区の限りない発展を象徴しています。
(昭和27年4月1日制定)

イラスト1
区の紋章

オフィシャルシンボル

区政施行80周年を記念して作成されたシンボルです。区の鳥「ハクセキレイ」・区の花「ニリンソウ」・区の木「ケヤキ」をモチーフにしています。
九州新幹線の車両デザインを手がけた水戸岡鋭治さん(平成23年度区民文化栄誉賞受賞)に作成していただきました。

イラスト2
オフィシャルシンボル

コミュニケーションシンボル

平成28年から概ね10年後の区のあるべき姿を示した「板橋区基本構想」の策定を契機に、区民の皆様に区政を身近に感じてもらうことを目的に作成されたシンボルです。
区の鳥・花・木である「ハクセキレイ」「ニリンソウ」「ケヤキ」をモチーフにしています。様々な場面で活用できるよう高い汎用性を有しながらも、品格と親しみやすさを兼ね揃えています。また、今にも飛び立たんとするハクセキレイや、可憐に咲くニリンソウ、風にそよぐケヤキの葉のデザインには、区民との活発な交流やよりオープンに区政を推進するイメージ、未来へはばたき輝くイメージが込められています。
コミュニケーションシンボルは、造本作家・デザイナーの駒形克己さんに作成していただきました。

イラスト3
コミュニケーションシンボル

漢字ロゴ・英字ロゴ・ひらがなロゴ

CI戦略の一環として80周年を契機に、新たなステージに入る板橋区が未来に向かって着実に進んでいく姿を表すものとし、一目で板橋区の存在を広く内外にPRできるロゴを制定しました。
コンセプトは、「いたばしNo.1実現プラン2015」で示した、「ひと・まち・みどり」を「みらい」へつなぐまちづくりを、着実に進めていくイメージや「もてなしの心」で区民本位の区政を実現していく姿を表したものとし、漢字(板橋区)、英字(ITABASHI)、ひらがな(いたばし)で表現していきます。
板橋区の歴史や文化の素晴らしさを発信し、未来に向かって新しく切り開いていく“進取の気概”を表現しています。

  • 漢字:「つなぐ」(橋を渡す)がテーマ。教科書の文字に似た読みやすく普遍性のある書体にしています。円をつなぐスタイルは斬新に、“未来へ発信する板橋区”を印象づけられます。
  • 英字:漢字やひらがなと組み合わせても収まりが良いようにシンプルにしています。
  • ひらがな:「つなぐ」(橋を渡す)がテーマ。古典的な文字とモダンな文字の組み合わせです。円をつなぐスタイルは斬新に、“未来へ発信する板橋区”を印象づけられます。

これらのロゴデザインについても、水戸岡鋭治さんに作成していただきました。
(平成24年6月27日制定)

ロゴ
漢字ロゴ・英字ロゴ・ひらがなロゴ

ロゴ・シンボルマーク・キャラクター

区では各施策における事業やサービスの普及を図り、みなさまの理解と愛着を一層深めていただくため、様々なロゴ・マーク・キャラクターを作成しています。
詳細は添付ファイルをご覧ください。

※ 平成29年4月1日付で、「板橋区版 Corporate Identity に関する要綱」と「CI MANUAL」を策定しました。これまでのロゴの使用基準等を統一して新たにまとめています。
詳細についてはページ下部、関連リンクをご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

政策経営部 広聴広報課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2024 ファクス:03-3579-2028
政策経営部 広聴広報課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。