ごみ収集作業員のマスクの着用について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1024037  更新日 2022年7月29日

印刷大きな文字で印刷

環境省及び厚生労働省より、夏季の気温・湿度が高い中でマスクを着用すると、熱中症のリスクが高くなる恐れがあるため、屋外で人と十分な距離が確保できる場合には、マスクを外すよう注意喚起がありました。

ごみ収集の現場においては、作業員は炎天下の中で作業を行い続けるため、特に熱中症のリスクが懸念されます。

そのため、収集作業員は適宜マスクを外してごみ収集作業を行う場合があります。

また、のどの渇きを感じる前に、こまめな水分補給を行うことや、周囲の方との距離を十分にあけた上で、適宜マスクを外して休憩する場合があります。

区民の皆さまにおかれましては、このことにご理解いただきますとともに、収集作業中の作業員にお声掛けいただく際は、感染防止対策のため、2メートル以上の距離を確保してお声掛けください。

直接お話をする際は十分な距離を確保し、マスクをしてお話させていただきます。

今後も安全で安心したごみ収集業務が継続できるよう、一層のご理解とご協力をお願いいたします。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

資源環境部 資源循環推進課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2217 ファクス:03-3579-2249
資源環境部 資源循環推進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。