邸内遊楽図 歌川豊春 江戸時代

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号4000387  更新日 令和2年1月28日

印刷大きな文字で印刷

技法
絹本著色
サイズ
30.8cm×45.0cm

作品:邸内遊楽図 歌川豊春

歌川豊春(1735~1814)は江戸後期の浮世絵師で、歌川派の始祖。
本図は遊郭で挙遊びに時を忘れる檀那(だんな)衆と太鼓持、芸妓(げいぎ)を描く。ギヤマンのグラスや朱塗の盃でくみ交す酒が一同にゆきわたり、室内のにぎやかさが伝わってくるような秀作で、豊春の珍しい初期作である。
UTAGAWA Toyoharu

このページに関するお問い合わせ

板橋区立美術館
〒175-0092 東京都板橋区赤塚5-34-27
電話:03-3979-3251 ファクス:03-3979-3252
区民文化部 文化・国際交流課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。