収蔵作品

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号4000333 

印刷大きな文字で印刷

収蔵品一覧

板橋区立美術館は1979年5月の開館を機に収集活動をはじめました。その作品は、江戸狩野派をはじめとする近世絵画、大正から昭和初期の前衛美術、「池袋モンパルナス」に集った作家、板橋区ゆかりの作家の作品が中心となっています。近年では、絵本作家のレオ・レオーニ氏の作品も収蔵いたしました。美術館の収集活動は、現在も展覧会や調査・研究活動と連携して進めています。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。