江戸近郊図 歌川広重 江戸時代

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号4000389  更新日 令和2年1月28日

印刷大きな文字で印刷

技法
絹本著色
サイズ
円窓 径54.8cm

作品:江戸近郊図 歌川広重

円窓の右端に老松の巨木を配し、その背後にはのどかな田園風景が広がる。そこには自然の野山や樹木が、農民の生活に融け込んでいる古き良き時代が描き込まれている。
筆者の広重は、「東海道五十三次」の名作で名高い。叙情的風景画を得意とする浮世絵師である。
円形の画面も珍しいが、それを張りつけた表具がこっている。富士と落雁が染め抜いてあり、本図の遠景に富士が眺望できる趣向である。描かれた自然と染められた自然が一体となった優品といえよう。
UTAGAWA Hiroshige

このページに関するお問い合わせ

板橋区立美術館
〒175-0092 東京都板橋区赤塚5-34-27
電話:03-3979-3251 ファクス:03-3979-3252
区民文化部 文化・国際交流課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。