荒川戸田橋緑地 草地広場

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1006617  更新日 2020年1月25日

印刷大きな文字で印刷

写真
荒川戸田橋緑地 草地広場

草地広場は平成18年に荒川戸田橋緑地にオープンしました。
この広場は「野草系広場ゾーン」「芝生系広場ゾーン」「水路ふれあいゾーン」で構成されており、総面積は6.3haです。
散策や休憩の場として、また、身近な自然と触れ合える場としてご利用いただけます。
広場の中は自転車の通行を禁止しておりますので、自転車でお越しの方は、駐輪場をご利用ください。
身近に残る自然を感じていただき、憩い楽しんでいただけましたら幸いです。

野草系広場ゾーン

河川敷に自生する植物を部分的に残した広場です。
広大な原っぱが広がり、クローバーやオオバコが生えています。また、部分的にヨシ・オギ原を残し、バッタやヨシキリなど河川敷に暮らす生物の生息場所を確保しています。
園路はレンガではなくダスト舗装でつくり、自然と一体になるよう配慮しているほか、既存のオギ原を残すように草の刈り方に変化をつけています。
昆虫や野鳥、草花の観察など、主に自然環境学習の場として利用したり、草原の中で散策や休息ができます。
夏にはトノサマバッタやショウリョウバッタなどを見ることができます。

芝生系広場ゾーン

レンガ舗装の園路に木陰とベンチを配置した、約29000平方メートルの広大な芝生広場です。
ご家族やグループでアウトドアレジャーが楽しめます。
芝生の上で寝転がったり体を動かしたり、ピクニックでお弁当を広げたりできるほか、広場の一部ではバーベキューの利用も可能です。(事前の許可が必要です。)遊具広場も併設しており、乗ると沈むステップや動く平均台、吊り橋や回転する円盤など、意外とスリリングで踏破するのが難しい遊具がたくさんあります。
入口にはトイレ・水飲みも整備されています。

水路ふれあいゾーン

堤防に降った雨水を流している水路があり、四季折々の草花や生き物と触れ合える広場です。
もともとあった排水路をそのまま利用して、ザリガニや水生昆虫等とふれあい、観察できる水辺があります。
芝生系広場に面する部分には手回しポンプと流れをつくり、水にふれることができます。ポンプの水は雨水を利用しています。(飲めません)
夏になるとヤゴやカエル、ザリガニなど様々な水辺の生き物を見ることができます。
また、岸辺にはセリやヨシ、オギなどが生えてきます。
ザリガニや昆虫類、野草については、営利を目的としないことを条件として、採取することもできます。
ただし故意に傷つけたり殺したりすることは厳禁です。捕まえた生物は観察したらその場に逃がすか、持って帰る場合は責任を持って飼育してください。なお、花壇に植えた草花は採取しないでください。)

アクセス

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

土木部 みどりと公園課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2525 ファクス:03-3579-2547
土木部 みどりと公園課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。