02-'04 板橋の作家展

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号4000151  更新日 2020年1月28日

印刷大きな文字で印刷

板橋区には多くの美術家の方々が在住・在勤し活躍されています。これらの作家の方々が各々の公募団体展や個展等で発表された作品は、区民が一堂に見ることはできません。そこで本展では、過去3年の間に発表された美術家78名の力作を集め、区民の方々に見ていただき、板橋区の美術文化の振興をはかることを目的としています。
会場は板橋区立美術館と成増アートギャラリーの2会場になっています。赤塚会場では油彩画・アクリル画・ミクストメディア・水彩画・インスタレーション・彫刻を、成増会場では日本画・水墨画・書・版画・写真の多彩な造形の世界を紹介します。

会場は、2会場に分かれています。

  • [赤塚会場] 板橋区立美術館 板橋区赤塚5-34-27
  • [成増会場] 成増アートギャラリー 板橋区成増3-13-1アリエス3階 電話:03-3977-6061
会期
2005年 3月12日(土曜日)~4月17日(日曜日)
開館時間
両会場とも、午前9時30分から午後5時00分
(入館は午後4時30分まで)
休館日
両会場とも、月曜日(ただし3月21日は開館し、翌日休館)
※ お詫びと訂正
3月12日号の「広報いたばし」に成増会場の開催日について、誤りがありましたことをお詫びしたします。正しくは、月曜日は休館(ただし3月21日は開館し、翌日休館)となります。
観覧料
無料
主催
板橋区立美術館

記念イベント: アーティストQ&A 「作家に聞こう ~美術に生きる~」

作家ってどんな人?日曜日も制作しているの?といった作家に対する素朴な質問を公募して、その質問に作家自身が答えるというイベントです。お答え頂く作家には団体展でご活躍の方、フリーでご活躍の方など所属やジャンルの異なる方々4名をお招きします。
素朴な質問をお葉書又はEメールでお寄せください。

出席者
千正博一(画家・中央美術協会長)
福田建之(画家)
古川知泉(インスタレーション作家)
丸山常生(美術家・パフォーマンスアーティスト)
インタビュアー:橋本麻里(フリージャーナリスト)
司会:安村敏信(板橋区立美術館)
日時
平成17年3月27日(日曜日)午後2時から90分間
会場
板橋区立美術館講義室
聴講
無料・申込不要

※ 記念イベントは、好評のうちに終了しました。ありがとうございました。

このページに関するお問い合わせ

板橋区立美術館
〒175-0092 東京都板橋区赤塚5-34-27
電話:03-3979-3251 ファクス:03-3979-3252
区民文化部 文化・国際交流課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。