つくる・つながる・ポール・コックス展

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号4001477  更新日 2021年2月26日

印刷大きな文字で印刷

会期

2021年11月20日(土曜日)~2022年1月10日(月曜日・祝日)

開館時間
午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日
月曜日・年末年始
観覧料

一般650円、高校・大学生450円、小・中学生200円

*土曜日は小中高校生は無料で観覧できます

*65歳以上・障がい者割引あり(要証明書)

フランスを中心に世界で活躍しているポール・コックス(1959-)は、幅広い分野に才能を発揮し、日本ではルミネのクリスマス広告、北陸新幹線開業キャンペーン等の明るい色彩のイラストで親しまれています。多くの絵本も手掛け、日本語に訳された『えのはなし』は、ボローニャ国際児童図書展で受賞しています。本展では、近年取り組んでいる抽象画、風景画を中心に、フランスの劇場の舞台美術作品なども展示する予定。さらには、日本でもファンの多い、ポスターなどのグラフィックデザインの仕事もご紹介します。

画像
左:ポール・コックス《風景》 2019年
右:ポール・コックス《リール北劇場ポスター》 2014-2015年