館蔵品展 もっと魅せます!板橋の前衛絵画 シュルレアリスムとアブストラクト・アート

このページの情報をXでポストできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号4001849  更新日 2024年4月20日

印刷大きな文字で印刷

展覧会名

館蔵品展 

もっと魅せます!板橋の前衛絵画

シュルレアリスムとアブストラクト・アート

Museum Collection Exhibition

Itabashi Avant-garde between Surrealism and Abstract Art

会期

2024年8月22日(木曜日)~9月23日(月曜日・振替休日)

開館時間
午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日

月曜日

(但し、9月23日(月曜日・振替休日)は開館)

観覧料
無料

1930年代シュルレアリスム絵画とアブストラクト・アート(抽象絵画)は日本の画家や画学生を魅了し、それらの影響を受けた作品が次々に誕生しました。本展では前衛美術の2大潮流が日本でどのように受容され、展開したのかを作品と資料から読み解きます。同時開催の特集展示としてシュルレアリスムに影響を受け、長く板橋区前野町に暮らした画家、古沢岩美の作品と新収蔵資料をご紹介します。


寺田政明《夜(眠れる丘)》1938年 板橋区立美術館蔵
寺田政明《夜(眠れる丘)》1938年
板橋区立美術館蔵
永井東三郎《作品》1938年 板橋区立美術館蔵
永井東三郎《作品》1938年
板橋区立美術館蔵