城北交通公園

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1006631  更新日 2020年6月7日

印刷大きな文字で印刷

施設再開のご案内(令和2年6月2日更新)

新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う緊急事態宣言を受け、休止しておりました施設を、令和2年6月2日より再開いたします。なお、今後の状況により、内容が変更になる場合があります。

こんなところ

三輪車・幼児用補助つき自転車などを貸し出しています。
またミニSL、蒸気機関車、都バスの実物も展示しており、自由に見学できます。
D51型蒸気機関車
D51-513型蒸気機関車です。この型は通称「デゴイチ」と呼ばれて親しまれていました。製作車両数1116両のうちの1車両です。
主に貨物輸送のために用いられた機関車で、戦前から戦後にかけて活躍していましたが、昭和47年に山形県酒田機関区を最後に廃車となり城北交通公園に来ました。
ミニSL
ドイツ・コッペル社製で名前は「ベビーロコ号」です。
和歌山県の有田鉄道から東武鉄道が譲り受けたものの、小さすぎて性能が良くなかったため、長く放置されていたものをときわ台駅前で展示していました。さまざまな旅を終えて現在は城北交通公園のマスコットとなっています。
都バス
平成3年に城北交通公園に来ました。
車内に入って、見学することもできます。
車軸
都電車輪車軸8000型、昭和47年設置。

写真1
蒸気機関車D51
写真2
ミニSL「ベビーロコ号」

交通資料館

蒸気機関車の模型、Nゲージの新幹線や電車、昔の蒸気機関車の写真などを展示しています。
<平成23年2月にリニューアル>
館内中央のジオラマでは、HOゲージの模型電車を走らせています。
トンネル内を見れる覗き穴・線路の変更などもあり、新しい楽しみが出来ました。新たなジオラマを見学しに来てください。

写真3
交通資料館

模型電車運行時間
1回目 午前10時30分から
2回目 午後 1時30分から
3回目 午後 3時から
団体で模型電車の見学を希望される方は、現地係員にご相談ください。
団体利用
団体でご利用いただく場合は、事前に申し込みをお願いいたします。

開園時間

午前9時~午後4時

休園日

毎週月曜(祝日の場合は直後の平日に振替)、12月28日~1月4日

所在地

東京都板橋区坂下2-19-1(区立城北公園内)
電話 03-3969-9422

アクセス

都営三田線「蓮根」駅下車、徒歩5分

展示の蒸気機関車とミニSL、塗装工事が完了しピカピカにリニューアル!
D51型蒸気機関車とミニSL(ベビーロコ号)は平成29年3月に塗装工事が完了し、リニューアルしました。ピカピカに輝く車体を、ぜひご覧ください。

写真4
幼児広場の乗り物
写真5
補助輪付自転車
写真6
都バス

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

土木部 みどりと公園課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2525 ファクス:03-3579-2547
土木部 みどりと公園課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。