建築制限の許可基準について(都市計画法第54条)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1006323  更新日 2020年1月25日

印刷大きな文字で印刷

都市計画決定により市街地再開発事業の区域内で建築物を建築する場合には、都市計画法第53条に基づく許可が必要となります。当該建築物が下記の許可基準(同法第54条)に該当する場合は、許可することができます。

許可の基準(都市計画法第54条)

下記の条件に該当し、かつ容易に移転又は除却できるものであると認められる場合。

  1. 階数が2以下で、かつ地階を有しないこと。
  2. 主要構造部が木造、鉄骨造、コンクリートブロック造その他これらに類する構造であること。

※ただし、上記の基準に該当しない建築物でも許可できる場合がありますので、事前にご相談ください。
※詳しくは下記添付ファイルをご覧ください
※都市計画道路(区画街路第8号線)の区域内についても3階建ての緩和規定が適用されず、原則上記許可の基準となります。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

都市整備部 地区整備事業担当課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2556 ファクス:03-3579-5437
都市整備部 地区整備事業担当課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。