モンゴル国との交流経緯

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1032625  更新日 2021年5月26日

印刷大きな文字で印刷

文化・教育交流協定締結

板橋区は、平成4年(1992年)に、当時紙不足で困っていたモンゴル国に、再生紙のノートや鉛筆を贈りました。ノートと鉛筆から始まった交流は、その後文化交流及び人的交流へと発展し、この交流をさらに発展させるために、平成8年(1996年)10月19日に板橋区とモンゴル国文部省(現:教育科学省、文化省)との間で、「文化・教育交流協定」を締結しました。

イラスト
モンゴルの国旗
写真1
モンゴルの風景写真

過去の交流

文化・教育交流協定締結20周年記念事業

ミニコンサート
「太陽の子どもたち」ミニコンサート

【公式訪問団の受入】平成29年2月13日(月曜日)
【公式訪問団の派遣】平成28年4月18日(月曜日)から4月22日(金曜日)
【イベント】

1 モンゴル国立馬頭琴交響楽団JAPAN TOUR 2016

 区立文化会館大ホール 平成28年10月29日(土曜日)

2 バヤルララー モンゴル!ーありがとう モンゴル!ー

 区役所本庁舎1階ギャラリーモール 平成28年10月31日(月曜日)から平成29年1月20日(金曜日)

 区役所本庁舎1階区民イベントスペース、情報発信スペース、レストラン 平成28年10月31日(月曜日)から11月11(金曜日)

3 モンゴル児童保護施設「太陽の子どもたち」ミニコンサート

 区役所本庁舎1階区民イベントスペース 平成28年11月2日(水曜日)

交流経緯

1992年、モンゴル国で紙不足が深刻であるという新聞報道をうけ、区内印刷工場の余紙で作った再生ノートや鉛筆などを贈ったことで始まったモンゴル国との交流は、その後文化交流、人的交流へと発展し、1996年10月、モンゴル国文部省(現教育文化科省、文化省)と板橋区は「文化・教育交流協定」を締結した。同年から2012年まで、財団法人板橋区国際交流協会(後の財団法人板橋区文化・国際交流財団、現在の公益財団法人板橋区文化・国際交流財団)は、モンゴル国人文大学で日本語を学ぶ学生に年間授業料相当分の奨学金支援を行った。また、1999年から2008年まで、放置自転車を区内中学生ボランティアが再生し、ウランバートル市などへ毎年寄贈する事業を行った。2011年の協定締結15周年では、モンゴルフェアの実施や区民ツアーの派遣などにより、人的・文化的な交流を進めた。2016年の20周年には、受入が年をまたぐ形となったが公式相互訪問を行い、区内学生を派遣する区民ツアーも行った。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

区民文化部 文化・国際交流課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2018 ファクス:03-3579-2046
区民文化部 文化・国際交流課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。