子どもショートステイ(協力家庭)事業

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1031687  更新日 2021年10月6日

印刷大きな文字で印刷

生後43日から18歳未満のお子さんをお預かりします。

ご家庭において、お子さんの養育が一時的に困難となり、他に養育できる方がいない場合に、協力家庭の自宅において、お預かりするショートステイ事業です。

詳しくは、下記添付ファイルをご覧ください。

 

 

協力家庭が決まりました

利用希望の方は子ども家庭支援センターへお問い合わせください。 

  協力家庭名 住所エリア 利用可能日 その他
1

堀江宅

志村 日曜日・祝日

日帰りのみ利用可能

2 鶴田宅 前野町 日曜日 日帰りのみ利用可能
3 神尾宅 板橋 月曜日から金曜日(毎月15・16日は不可) 日帰り・宿泊利用可能
4 桐明宅 坂下 月曜日から日曜日 日帰り・宿泊利用可能
5 堀江宅 小豆沢 土曜日・日曜日・祝日(金曜日夜からの宿泊も可能) 日帰り・宿泊利用可能

注:1と5は別家庭です。

利用申請書の郵送受付を始めました。

利用希望の方は子ども家庭支援センターへ電話し、予約してください。予約ができましたら利用日の4日前までに子ども家庭支援センターの窓口に、申請者の本人確認資料(運転免許所・マイナンバーカードなど)を持参し「子どもショートステイ(協力家庭)事業利用申請書」を記入してください。また下記に添付されている「子どもショートステイ(協力家庭)事業利用申請書」をダウンロードして申請書記入例を参考に記入し、本人確認資料の写しと一緒に子ども家庭支援センターまで郵送することも可能です。郵送の場合も利用日の4日前までに届くように送ってください。ただし、郵便不着等の責任は負いかねますのであらかじめご承知おきください。

協力家庭の募集について

板橋区では、ご自宅でお子さんを預かることができる「子どもショートステイ(協力家庭)事業」の協力家庭を随時募集しています。

次の要件をすべて満たす必要があります。

ア 年齢が25歳以上70歳未満である

イ 次のいずれかの資格を有すること

 1 医師、看護師、保健師、保育士、幼稚園教諭、その他児童の養育に係る資格として区長が認める者

 2 東京都養育家庭制度実施要綱(昭和48年4月11日付け47民児育第815号)2(1)の養育家庭として認定されている者

 3 東京都フレンドホーム制度実施要綱(平成4年4月6日付け3福児育第962号にフレンドホームとして認定されている者

 4 板橋区子育て支援員養成講座を受講した者

 5 板橋区協力家庭認定研修を受講した者

 6 1から5までに上げる者に準ずる者として区長が認めた者

ウ 年齢が18歳以上の同居親族を有していること

エ 家庭生活が健全であり、本人及び家族全員が心身ともに健康であること

オ 経済的に困窮していないこと

カ 住居の間取りは原則として2室10畳以上あり、家族構成に応じた適切な広さが確保されていること

事業内容

子どもを宿泊あるいは日帰りで預かり、食事の提供や身の回りの世話、通園・通学の送迎を行います.

実施場所

協力家庭の自宅

対象児童

区内在住の生後43日から18歳未満の児童

利用定員

原則1人 注:兄弟姉妹の場合は要相談

委託料

1名につき 宿泊1泊24時間利用は 10,000円 日帰り4時間以上10時間以内利用は 5,000円

注:利用者からの利用料と板橋区からの委託料です。交通費や日用品の実費は保護者が別に負担します。

問い合わせ先

子ども家庭支援センター 電話3579-2656 

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部 子ども家庭支援センター
〒173-0015 東京都板橋区栄町36-1 板橋区立グリーンホール7階
電話:03-3579-2656 ファクス:03-3579-2659
子ども家庭部 子ども家庭支援センターへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。