令和3年8月11日 姉妹都市バーリントン市が外務大臣表彰受賞!

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1034066  更新日 2021年10月7日

印刷大きな文字で印刷

板橋区との交流の功績が認められ、バーリントン市世界化委員会板橋小委員会が表彰されました

日時:令和3年8月9日(月曜日) カナダ・バーリントン市現地時間
場所:バーリントン市板橋ガーデン
主催:外務省

内容

板橋区の姉妹都市であるバーリントン市(カナダ・オンタリオ州)の世界化委員会 板橋小委員会が、板橋区との交流をはじめとした日本とカナダの相互理解促進への功績が認められ、令和2年度外務大臣表彰を受賞した。外務大臣表彰は、国際関係の様々な分野で活躍し、日本と諸外国との友好親善関係の増進に多大な貢献をされている方々や団体の功績を称えるとともに、その活動に対する一層の理解と支持を国民に求めることを目的とするもの。

同委員会は、1989年に東京都板橋区とバーリントン市の姉妹都市締結に伴い発足。板橋区との交流を専門的に行う委員会で、発足以来、記念事業の実施、5年ごとの公式代表団及び市民・区民訪問団の相互訪問、青少年交流による草の根における両国の相互理解の促進などを行っている。また、板橋区所蔵の鎧や浮世絵の展覧会を市内にて開催するなど、バーリントン市民への日本文化理解の促進にも積極的に取り組んでいる。

令和3年8月9日晴天猛暑の中、令和2年度外務大臣表彰伝達式が、バーリントン市板橋ガーデンにて執り行われた。板橋ガーデンは、令和元年の姉妹都市提携30周年を記念してバーリントン市内に設置されたもの。設計にあたっては、板橋区をはじめ日本の様々な庭園を参考としながら、バーリントン市と板橋区の特徴をかけあわせたデザインが検討された (面積約650平方メートル)。

マリアンヌ・ミード・ワード バーリントン市長挨拶抜粋

2年前に30周年記念で板橋を訪問した事が随分前のように感じられる。その訪問時に、どこへ行っても人間としての生活は変わりがないということや、同じ価値観を共有していくことの大切さを改めて感じた。2024年には35周年を迎えることになり、パンデミック後の新たな未来に希望がある。

佐々山 拓也 在トロント日本国総領事挨拶抜粋

外務大臣表彰はこのタイミングで贈られるが、これまで30年以上継続されてきている。歴代の市長や市議会委員、世界化委員らの尽力があってのもの。これからも末永くバーリントン市と板橋区の関係が良好に続けられることを願っている。

板橋区とバーリントン市の交流経緯

1989年5月に姉妹都市提携を締結し、以降、5年毎の節目の年に記念事業を実施。バーリントン市での板橋区による花火大会の開催や和太鼓グループの演奏、板橋区でのバーリントンティーンツアーバンドによる演奏会、美術展の開催などの文化交流事業のほか、バーリントン市民ツアーや板橋区青少年ツアーの実施など、市(区)民レベルでの交流も続いている。

伝達式写真
外務大臣表彰伝達式の様子

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

区民文化部 文化・国際交流課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2018 ファクス:03-3579-2046
区民文化部 文化・国際交流課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。