基金運用におけるSDGs推進の取組について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1039858  更新日 2022年6月20日

印刷大きな文字で印刷

板橋区は、SDGsの推進に積極的に取り組むことで、三側面(経済・社会・環境)の統合的な発展による「東京で一番住みたくなるまち」の実現をめざしています。

その一環として、基金運用においては、安全性や運用効率を確保しながら、長期運用が可能な資金の一部でSDGs債を購入しており、購入の際に原則として投資表明を行っています。

現在、SDGs債として外部評価を取得している保有債券は、添付ファイルのとおりです。

※SDGs債:調達資金がSDGsに貢献する事業に充当される債券です。調達資金の使途に応じ、グリーンボンド(環境債)、ソーシャルボンド(社会貢献債)、サステナビリティボンド(環境及び社会貢献債)などに分類されます。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

会計管理室
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2671 ファクス:03-3579-4154
会計 管理室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。