館蔵品展 日本の美術運動

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号4000088  更新日 2020年1月28日

印刷大きな文字で印刷

チラシ:館蔵品展 日本の美術運動

板橋区立美術館では開館以来、日本の近代絵画の中でも先鋭的な作品をコレクションしてまいりました。今回はこれらのコレクションを「美術運動」の観点から8つのグループに分けてご紹介いたします。

大正から昭和初期にかけて、日本にはダダイズム、未来派、フォービスムやシュルレアリスムなどの外国の新しい美術の傾向が次々に紹介され、画家たちはそれらを学び、吸収し、独自の解釈による作品を発表しました。イタリアやドイツの美術の動きに影響を受けたのは「マヴォ」というグループです。今回展示する浅野孟府の《マヴォイスト》は象徴的な作品の一つです。また、戦前の画家の中には芸術の都、パリで学び、その技術を日本に伝える役割を果たした人もいました。美術学校や画塾も次々に設立され、日本の画壇は華々しいものとなりました。

しかし、1930年代から1945年の太平洋戦争終結まで日本は外国と戦争を始めたため、思想、言論、表現に制限が加えられ、画家たちは自由な制作・発表が難しくなりました。そのような状況下で描き続けた画家もいます。そのうちの一つ、当館で2008年度に紹介した「新人画会」の画家たちの作品の一部をこの度新たにコレクションに加え、改めてご紹介いたします。

そして、戦後は美術団体が再建され、戦前までの美術の流れに加えて、社会的、理論的な観点から制作する画家たちも出てきました。米軍基地問題、ダム建設などに取材したルポルタージュ絵画運動の中でも珍しい1点は《週間小河内》です。これは山下菊二、尾藤豊らが作ったガリ版印刷のもので、闘争の様子が表現されています。

また、戦前パリで学んだ岡本太郎が戦後、東京都庁舎のために作成した壁のレリーフの原画も今回新収蔵作品となり、板橋で初のお披露目です。今回の展覧会では、日本近代の美術運動を作品のみならず資料も合わせてご紹介いたします。美術作品を社会や美術の流れから見ることで、美術が社会と密接な関係を持つことが明らかになるでしょう。

会期
2010年5月15日(土曜日)~6月27日(日曜日)
開館時間
午前9時30分から午後5時00分(入館は午後4時30分まで)
休館日
月曜日
観覧料
無料
主催
板橋区立美術館
展示点数
油彩画・水彩画・彫刻等 約70点
展示構成(予定)
第1章 大正期新興美術運動(中原実、河辺昌久、浅野孟府ほか)
第2章 プロレタリア美術運動(永田一脩、寺島貞志ほか)
第3章 日本のフォービスム(里見勝蔵、田中佐一郎、峰村リツ子ほか)
第4章 ヨーロッパで学んだ画家たち(荻須高徳、津田正周、山口長男ほか)
第5章 戦時下の画家たち「新人画会」(井上長三郎、麻生三郎ほか)
第6章 ルポルタージュ絵画運動(中村宏、尾藤豊、石井茂雄ほか)
第7章 戦後のアヴァンギャルド美術運動(岡本太郎、芥川紗織、漆原英子ほか)
第8章 反芸術運動(中西夏之、高松次郎、菊畑茂久馬ほか)

以下の添付ファイルから出品リスト(PDF)が印刷できます。

講演会「日本の美術運動を考える」

「大正期新興美術運動の終焉 1926年を考える」

日時
2010年5月29日(土曜日)午後2時00分~午後3時30分
講師
五十殿利治氏(筑波大学大学院教授)

「日本の美術運動にとって「外圧」とは何か」

日時
2010年6月5日(土曜日)午後2時00分~午後3時30分
講師
椹木野衣氏(美術評論家・多摩美術大学教授)

「ポップ・ハプニング 60、70年代疾走する反芸術」

日時
2010年6月20日(日曜日)午後2時00分~午後3時30分
講師
秋山祐徳太子氏(芸術家)

※於:当館講義室 聴講無料 先着100名(午後1時開場)

作品1
寺島貞志 コムソモルカ 板橋区立美術館
作品2
山口長男 頭 板橋区立美術館

作品3
里見勝蔵 女二人 板橋区立美術館
作品4
河辺昌久 未来派の自画像 板橋区立美術館

作品5
岡本太郎 月の壁(原画) 板橋区立美術館
作品6
井上長三郎 骨と布 板橋区立美術館

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

板橋区立美術館
〒175-0092 東京都板橋区赤塚5-34-27
電話:03-3979-3251 ファクス:03-3979-3252
区民文化部 文化・国際交流課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。