発信//板橋//2011 けしきをいきる(この展覧会は、地震による影響のため中止となりました)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号4000095  更新日 2020年1月28日

印刷大きな文字で印刷

チラシ:発信//板橋//2011けしきをいきる

当館では、新たに「発信//板橋」展シリーズを始めます。

このシリーズでは、現在活躍中で板橋にゆかりのある作家を契機として、現代美術を紹介してゆきます。

記念すべき第1回となる本展では「けしきをいきる」をテーマに7人の作家を紹介いたします。

油彩画、写真、映像、インスタレーション、建築と表現方法もさまざまですが、これらの作品を新たな文脈で発信する展覧会になります。

会期中には、作家によるギャラリートーク、ワークショップ、ライブなどを行い、板橋区立美術館から新たな芸術を発信します。

本展コミッショナー:前山裕司(美術評論家)

会期
2011年2月26日(土曜日)~3月27日(日曜日)
開館時間
午前9時30分から午後5時00分(入館は午後4時30分まで)
休館日
月曜日 但し3月21日(月祝)は開館し、22日(火曜日)休館
観覧料

一般300円/高校・大学生100円/小・中学生無料(毎週土曜日は高校生以下無料)

主催
板橋区立美術館

出品作家(7作家/五十音順)

利部志穂 返町勝治 蓜島伸彦 藤本壮介 船井美佐 屋代敏博 吉賀あさみ


作品1
利部志穂「止まった水」 インスタレーション
2010年(撮影:若林勇人)※参考作品
作品2
返町勝治「万正寺大榧」油彩、2007年、作家蔵

作品3
●島伸彦(●=くさかんむりに配)
「トゥエルブ・トーン5」アクリル画、
2010年、個人蔵(撮影:末正真礼生)
※参考作品
作品4
藤本壮介「Tokyo Apartment」模型 2010年(施工)
※参考作品

作品5
船井美佐「Hole/桃源郷/境界/絵画/眼底」
インスタレーション、2010年、
作家蔵(撮影:松尾宇人)※参考作品
作品6
屋代敏博「Time Traveler 」映像作品、2010年、個人蔵
※参考作品

作品7
吉賀あさみ「Mountain Pond 萢(やち)」ミクストメディア、2008年、作家蔵
※参考作品

このページに関するお問い合わせ

板橋区立美術館
〒175-0092 東京都板橋区赤塚5-34-27
電話:03-3979-3251 ファクス:03-3979-3252
区民文化部 文化・国際交流課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。