館蔵品展 ぞろぞろ・わいわい・人だらけ―狩野派も、それ以外も

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号4001537  更新日 2022年10月2日

印刷大きな文字で印刷

チラシ画像

展覧会名

区制施行90周年記念 館蔵品展

ぞろぞろ・わいわい・人だらけ―狩野派も、それ以外も

会期

令和4(2022)年8月27日(土曜日)~10月2日(日曜日)

開館時間
午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日
月曜日(ただし9月19日(月曜日)は祝日のため開館し、9月20日(火曜日)は休館します)
観覧料
無料

人びとの姿かたちを表現した絵画には、数多くのテーマがあります。当館のコレクションには、江戸時代を中心に個性豊かな人物を描いた作品が揃っています。例として、礼拝の対象とされる肖像画、憧れや好奇の眼差しを向けられた美人や異国の人の姿、画中で集い交情を深める人たちなどがあります。それらからは、描かれた対象同士のほか、作り手や鑑賞者の関係など、作品をめぐる人と人との親密なつながりが見て取れます。本展では、1人、2人、3人といった少人数から賑わう人々まで、描かれた人の数に着目した展示を行います。単身像、群像における表現の変化を感じて頂き、人物図について思いを巡らせて頂く機会とします。
他者との心や体の距離感を考えさせられる今日、密を厭わず一堂に会した画中の人びとの姿かたちを、どうぞお楽しみください。


関連イベント

講演会

「江戸の美人画ばなし」 終了しました

日時:9月10日(土曜日)14時~15時30分

講師:内藤正人氏(慶応義塾大学文学部教授)

定員:40名(事前申込制)

会場:1階講義室

聴講無料、要事前電話申込、受付開始8月20日(土曜日)午前9時より、1申込につき2名まで、先着順。申込先:03-3979-3251
ワークショップ

「江戸絵画をもっと楽しもう」終了しました

日時:9月17日(土曜日)14時~15時30分

講師:植松有希(当館学芸員)

定員:10名(要事前申込)

会場:1階講義室
参加費:500円

描かれている画題や人物を知るためのヒントや、掛軸の取り扱いなどを学びます。参加者にはワークシートを差し上げます。

要事前電話申込、受付開始8月20日(土曜日)午前9時より、1申込につき2名まで、先着順。申込先:03-3979-3251
演奏会

「西洋風俗図とともに~ハープがつなぐ音楽と絵画~」終了しました

日時:9月24日(土曜日)13時~/15時~、いずれも約30分、演奏内容は同じ

演奏者:小坂理江氏(古楽ハープ奏者)

会場:2階展示室

※参加無料、人数制限あり。
 

 

学芸員によるスライドトーク

日時:9月19日(月曜日・祝日)終了しました、10月2日(日曜日)終了しました

いずれも14時から14時40分まで(開場は13時45分)

定員:40名

当館1階講義室にて、聴講無料、申込不要、当日直接会場にお越しください。


酒井抱一《大文字屋市兵衛像》
酒井抱一《大文字屋市兵衛像》
江戸時代、板橋区立美術館蔵
出品作品2 歌川豊春《邸内遊楽図》
歌川豊春《邸内遊楽図》江戸時代
板橋区立美術館蔵

北泉戴岳《芸妓図》
北泉戴岳《芸妓図》文政2年(1819)
板橋区立美術館蔵
勝川春潮《喫煙若衆図》
勝川春潮《喫煙若衆図》
江戸時代、板橋区立美術館蔵

出品作品1菱川宗理「見立六歌仙図」
菱川宗理《見立六歌仙図》江戸時代
板橋区立美術館蔵
作者不詳《西洋風俗図》
作者不詳《西洋風俗図》(部分)
江戸時代、歸空庵コレクション

作品1 唐子遊図屏風
狩野典信《唐子遊図屏風》江戸時代
板橋区立美術館蔵

作品1 唐子遊図屏風


雪村
雪村《布袋図》室町時代
板橋区立美術館蔵

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。