館蔵品展 ぞろぞろ・わいわい・人だらけ―狩野派も、それ以外も

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号4001537  更新日 2022年1月27日

印刷大きな文字で印刷

展覧会名

区制施行90周年記念 館蔵品展

ぞろぞろ・わいわい・人だらけ―狩野派も、それ以外も

会期

令和4(2022)年8月27日(土曜日)~10月2日(日曜日)

開館時間
午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日
月曜日(ただし9月19日(月曜日)は祝日のため開館し、9月20日(火曜日)は休館します)
観覧料
無料

人びとの姿かたちを表現した日本美術には、数多くのテーマがあります。当館には、江戸時代を中心に個性豊かな人物を描いた作品が揃っています。一例として、画中に集い交情を深める人たち、礼拝の対象とされる肖像画や神仙、憧れや好奇の眼差しを向けられた美人や異国の人の姿などがあります。それらからは、描かれた対象同士のほか、作り手や鑑賞者の関係など、作品をめぐる人と人との親密なつながりが見て取れます。密を厭わず一堂に会した画中の人びとの姿かたちを、どうぞお楽しみください。


出品作品1菱川宗理「見立六歌仙図」
菱川宗理《見立六歌仙図》江戸時代(19世紀)
板橋区立美術館蔵
出品作品2 歌川豊春《邸内遊楽図》
歌川豊春《邸内遊楽図》江戸時代(18世紀)
板橋区立美術館蔵

作品1 唐子遊図屏風
狩野典信《唐子遊図屏風》江戸時代(18世紀)
板橋区立美術館蔵

作品1 唐子遊図屏風