蝦蟇仙人図 長谷川雪堤 江戸時代

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号4000539  更新日 令和2年1月28日

印刷大きな文字で印刷

技法
絹本著色
サイズ
103.2cm×31.6cm

作品:蝦蟇仙人図 長谷川雪堤

長谷川雪旦の息子、雪堤は江戸から明治にかけて活躍した絵師であり、父に画を学んだ。
蝦蟇仙人は、中国の列仙伝中の一仙人で、蝦蟇を使って妖術を行ったという。鉄拐(てっかい)仙人と対で描かれるものも多く、この画は中国仏画の模写であるとされる。 蝦蟇仙人は通常、地上に描かれるが、ここではうねる波の上に乗る。両手に三本足の蝦蟇を抱き、左腰には虎の皮、瓢箪、霊芝らしきものを付けている(霊芝とは万年茸のこと)。
着物がなびく程の海風を背に受け、日本へと進む姿には勇ましさを感じる。愛する蝦蟇をじっと見つめる表情には、親しみをも覚える。
HASEGAWA Settei

このページに関するお問い合わせ

板橋区立美術館
〒175-0092 東京都板橋区赤塚5-34-27
電話:03-3979-3251 ファクス:03-3979-3252
区民文化部 文化・国際交流課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。