芸妓図 北泉戴岳 1819年(文政2)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号4000557  更新日 令和2年1月28日

印刷大きな文字で印刷

技法
絹本著色
サイズ
82.7cm×34.0cm
作品:芸妓図 北泉戴岳
軸装

赤いじゅばんをのぞかせ、しどけない姿で返盃のための盃をゆすいでいる芸妓を描く。肉筆浮世絵は版画と異なり、一点限りの作品であるので、作者も力を注ぎ製作の 贅(ぜい)をつくした「江戸の華」である。
作者の戴岳は生没年不詳であるが、この作品は文政2年元旦の作であることが画中の年紀からわかる。
HOKUSEN Taigaku

このページに関するお問い合わせ

板橋区立美術館
〒175-0092 東京都板橋区赤塚5-34-27
電話:03-3979-3251 ファクス:03-3979-3252
区民文化部 文化・国際交流課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。