板橋区老朽建築物等対策計画2025(後期)を策定しました

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1029550  更新日 2021年10月13日

印刷大きな文字で印刷

区では、老朽建築物等対策の更なる推進に向け、業務で培った知見を踏まえ、「高齢者対応」や「予防対策」に重点をおき、平成28(2016)年3月に策定した「板橋区老朽建築物等対策計画2025」を改訂する形で「板橋区老朽建築物等対策計画2025(後期)」を策定しました。

計画の背景・目的

平成25(2013)及び26(2014)年度に区内全域にある建築物の実態調査を実施した結果、老朽化した危険な建築物等の存在が明らかとなりました。「板橋区老朽建築物等対策計画2025」は、これらの危険な建築物等への対策を計画的かつ効果的に進める取組をまとめ、「安心・安全で快適なまち」をめざすことを目的として策定されました。

本計画は、これまでの対応実績の分析を行い、課題を導き出し、今後も増加が見込まれる老朽建築物等対策を官民の連携を図りながら更に推進していくため、見直しを行ったものです。特に老朽建築物等の所有者の多くが高齢者であることに着目し、「高齢者対応」の視点等を加えるとともに、「予防対策」に関する取組も強化しました。

また、国際社会の一員として全ての国が取り組むべき普遍的な目標であるSDGs(持続的な開発目標)の視点も加えています。

計画期間

令和3(2021)年度から令和7(2025)年度までの5年間です。

老朽建築物等対策計画2025(後期)の構成

表紙・はじめに・目次

第1章 老朽建築物等対策計画について

1.背景・目的

2.用語の定義

3.計画の位置づけ

4.空家特措法と対策条例の関係

5.計画運用期間

6.対象区域

7.対象建築物

第2章 板橋区における老朽建築物等の現状

1.人口推計及び住宅・土地統計調査から見た状況

2.老朽建築物等対策の取組状況

3.老朽建築物等対策の主な実績

4.老朽建築物等対策の分析

5.課題

第3章 老朽建築物等対策の基本方針

1.計画の目標

2.計画を推進するための行動目標

3.対策の方向性

4.計画がめざす将来像

第4章 行政の役割等と実施体制

1.それぞれの役割

2.組織体制

第5章 老朽建築物等対策に関する取組・施策

1.実態の把握(情報収集)

2.空家等及び老朽建築物対策

3.特定空家等及び特定老朽建築物対策

4.予防対策

第6章 計画の推進に向けて

1.進捗管理

2.国や東京都との連携や働きかけ

3.今後の対応

資料編

1 空家等対策の推進に関する特別措置法

2 東京都板橋区老朽建築物等対策条例

3 東京都板橋区老朽建築物等対策条例施行規則

4 関係所管連絡先一覧

5よくある相談と回答

6 計画の検討体制・策定経過

計画の閲覧

  • 建築安全課窓口(区役所北館5階11番窓口)
  • 区政資料室(区役所北館1階7番窓口)
  • 区立各図書館
  • 区ホームページ(ページ下の添付ファイルからご覧ください)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

都市整備部 建築安全課 老朽建築物対策係
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2574 ファクス:03-3579-5437
都市整備部 建築安全課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。