母子及び父子福祉資金の貸付

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1002505  更新日 2021年11月1日

印刷大きな文字で印刷

母子及び父子家庭の方が、経済的に自立して安定した生活を送るために必要な資金をお貸しします。原則として連帯保証人が1人必要です。

必ずお電話でご予約のうえ、福祉事務所でご相談ください。

貸付対象者

都内に6か月以上お住まいの母子家庭の母または父子家庭の父等で、20歳未満のお子さん等を扶養している方

資金の種類

※カッコ内は貸付対象

  • 事業開始資金(母、父)
    事業を開始するのに必要な資金
  • 事業継続資金(母、父)
    現在営んでいる事業を継続するのに必要な資金
  • 技能習得資金(母、父)
    事業を開始しまたは就職するために必要な知識技能を習得するのに必要な資金
  • 修業資金(児童)
    児童が事業を開始または就職するために必要な知識技能を習得するのに必要な資金
  • 就職支度資金(母、父または児童)
    就職するために直接必要な被服、履物等を購入する資金
  • 医療介護資金(母、父または児童)
    医療または介護保険によるサービス(介護)を受けるために必要な資金
  • 生活資金(母、父)
    • 技能習得期間中または医療または介護を受けている期間中の生活を維持するのに必要な資金
    • 母子及び父子家庭になって7年未満の方で生活の安定を図るのために必要な資金
    • 失業している期間中(ただし、離職した日から1年以内)の生活を維持するために必要な資金
  • 住宅資金(母、父)
    自己所有の住宅の建設・購入、および現に居住する住宅の増改築・補修または保全に必要な資金
  • 転宅資金(母、父)
    転宅に必要な敷金・前家賃・運送代にあてるための資金
  • 結婚資金(児童)
    児童の婚姻に際し必要な資金
  • 修学資金(児童)
    児童が、高等学校・高等専門学校・短期大学・大学・大学院・専修学校において修学するのに必要な資金
  • 就学支度資金(児童)
    児童が、小学校・中学校・高等学校・高等専門学校・短期大学・大学・大学院・専修学校または各種学校への入学に際し必要な資金

貸付限度額・利子・返済期間

下表参照

貸付限度額・利子・返済期間

資金の種類

貸付限度額

利子

返済期間

事業開始資金

3,030,000円
※母子家庭の母及び父子家庭の父の共同事業の場合4,560,000円

無利子または年1% 据置期間(1年)経過後7年以内
事業継続資金 1,520,000円 無利子または年1
据置期間(6月)経過後7年以内
技能修得資金 月額68,000円(5年)
※自動車免許を取得する場合460,000円
無利子または年1% 据置期間(1年)経過後20年以内
修業資金 月額68,000円(5年)
※高校3年在学時に就職を希望する児童が自動車免許を習得する場合460,000円
無利子 据置期間(1年)経過後20年以内
就職支度資金 100,000円
※通勤のために自動車を購入する場合330,000円
無利子または年1% 据置期間(1年)経過後6年以内
医療介護資金 340,000円から
500,000円
無利子または年1% 据置期間(6月)経過後5年以内
生活資金 月額70,000円から
141,000円
無利子または年1% 据置期間(6月)経過後5年から20年以内
住宅資金 1,500,000円
災害等の場合2,000,000円
無利子または年1% 据置期間(6月)経過後6年から7年以内
転宅資金 260,000円 無利子または年1% 据置期間(6月)経過後3年以内
結婚資金 300,000円 無利子または年1% 据置期間(6月)経過後5年以内
修学資金 下表参照 無利子 据置期間(6月)経過後20年以内
※専修学校(一般)は5年以内
就学支度資金 64,300円から590,000円
※学校によって異なります
無利子 修学終了後据置期間(6月)経過後20年以内
※専修学校(一般)は5年以内
修学資金の学校別貸付限度額

学校

国公立(月額)

私立(月額)

高等学校・中等教育学校(後期課程)・専修学校(高等課程) 27,000円から
34,500円
45,000円から
52,500円
高等専門学校 31,500円から
76,500円
48,000円から
115,000円
短期大学・専修学校(専門課程) 67,500円から
96,500円

84,500円から
131,000円

大学 69,500円から
108,500円
95,000円から
146,000円
大学院(修士課程相当) 132,000円 132,000円
大学院(博士課程相当) 183,000円 183,000円
専修学校(一般課程) 51,000円 51,000円

※詳しい貸付限度額・利子・返済期間などについては、東京都福祉保健局のホームページにある、東京都母子及び父子福祉資金パンフレットPDFをご覧ください(このページの下部にリンクがあります)。

審査

貸付にあたっては審査を行います。その結果、貸付できない場合があります。

返済方法

償還期限内に元利均等払いで、年賦・半年賦・月賦のいずれかで返済していただきます。

新型コロナウイルス感染症の発生に伴い、貸付金の償還が困難な方は、下記リンクから詳細をご確認ください。

違約金

指定日までに返済がないときは、元金に年3%の違約金が生じます。

連帯保証人について

次のすべての要件を満たす連帯保証人が1人必要です。

  • 都内またはその近県に引き続き6か月以上住んでいる
  • 独立の生計を営んでいる
  • 既にこの資金の連帯保証人になっていない

※一部の資金では、要件を満たす場合、連帯保証人が不要になる場合があります。詳しくは下記窓口にお問い合わせください。

相談・申込窓口

お住まいの地域担当の福祉事務所で、母子・父子自立支援員にご相談ください。

必ずお電話でご予約のうえ、ご来所ください。

  • 板橋福祉事務所 電話03-3579-2322
  • 赤塚福祉事務所 電話03-3938-5126
  • 志村福祉事務所 電話03-3968-2331

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

福祉部 生活支援課 福祉資金係
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2353 ファクス:03-3579-2046
福祉部 生活支援課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。