高島平けやき保育園ニュース 秋号

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1014401  更新日 2021年12月8日

印刷大きな文字で印刷

散策

朝晩冷え込むようになってきましたが、昼の間は上着もいらないほど温かく散歩日和が続いています。保育園の周りには沢山の公園があり自然に触れて遊んだり、広場で思い切り体を動かしたりしたりと、毎日の活動の中でいろいろな経験を積み重ねていけるように工夫しています。

3歳児クラスの散歩の様子を御紹介します。「探検だ」と自分で作った双眼鏡とベルトを巻いて赤塚公園や丸太公園を散策しています。ベルトにはビニール袋をぶら下げられるので、見つけた木の実はその中へ入れて宝物のように保育園に持ち帰ります。葉っぱをめくればまだ虫たちもたくさんいて、見つけるたびに保育士や友達を呼び、皆で観察して楽しんでいます。

持ち帰ってきた木の実でリースを作りました。お部屋に飾り室内も秋にかわりました。

写真2
木の実や虫を手のひらにのせて観察中

保健指導

 冬も近づき、感染症対策も継続してしっかり行っていきたいと思います。今回、看護師による手洗い指導を3・4・5歳児クラスがうけました。1度、簡単に手洗いをし、魔法の水(ヨードチンキを薄めた水)に手を浸してみると、普段は見えることのないばい菌の姿を子ども達と一緒に確認しました。指と指の間・手の甲・手首など、想像以上に手についていたばい菌に、子どもたちも驚きの表情を見せていました。

そこで手洗いの絵を見せながら、子ども達と洗い方を確認し、もう1度しっかり手を洗い、魔法の水に浸してみると、綺麗になった手にほっとした表情を見せ安心していた子どもたち。今まで以上に外から帰った後や食前など、自分達で洗い方の絵を確認しながらしっかりと意識している姿がみられるようになりました。

写真1
魔法の水に手を浸しているところ

食育

写真1
箱に野菜を入れているところです

5歳児クラスで食育を行いました。内容はクイズ形式にし、子どもたちにわかりやすいようにしました。1つ目は「箱の中身は何だろう?」です。手を入れる穴の開いた箱の中に、見えないように野菜を入れ、手で触り感触で野菜や果物を当てるクイズをしました。箱の中にはキュウリ・リンゴ・さつまいも・玉ねぎを1つずつ入れて行いました。思っていたより正解する子どもも多く、1つ1つの形を知っているところから、おうちなどで直接触ったり、見ているのがよく伝わりました。(感染症対策のため、アルコール消毒をして行いました。)

2つ目は「野菜の断面クイズ」です。数十種類の野菜の断面を見せて、何の野菜か当てるクイズをしました。日頃、目にしている野菜から、見たこともない断面に悩む野菜もありました。正解を知ると「こんな断面だったんだ!」と発見と驚きの様子が伝わりました。

写真2
野菜の断面をみせているところ

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部 高島平けやき保育園
〒175-0082 東京都板橋区高島平二丁目32番3-101号
電話:03-3936-1380 ファクス:03-3936-1106
子ども家庭部 保育運営課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。