向原保育園ニュース 春号

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1004333  更新日 2022年3月22日

印刷大きな文字で印刷

五匹の龍

じゃおどりおどれ りゅうりゅうさくら

 海の王との交流も2年目になってのとある日、さくら組に届いた王からの謎の手紙。ろうそくの絵をヒントにトースターで温めてみると『じゃおどりおどれ』の文字と龍の絵が描かれていました。「じゃおどりってなんだろう?」家で調べたり、映像で観たりしながら、龍踊について学びました。子どもたちからは「はやく踊りたい、龍を作りたい」という前向きな言葉ばかり。力を合わせて5匹の龍を完成させ、振り付けも子どもたちが考えました。春の暖かな日差しの中で、仲間と一緒に力を合わせて踊る姿を、乳児クラスの子どもたちにも披露してくれたさくら組さん。「すごい!」「かっこいい!」と言って憧れのまなざしで見ていた乳児クラスの子どもたちです。

jya1
乳児クラスの子どもたちの前でも堂々と登場、かっこいい
jya2
協力してスピードの調整や龍のコントロール難しいのに上手
jya3
アイディアを出し合って完成させた素敵な龍
jya5
元気な龍の踊り、海の王がきっとどこかでみていますね

ユニバーサルデザイン

さくら組が考えたユニバーサルデザイン

 ユニバーサルデザインを知っていますか?ユニバーサルデザインとは、年齢、性別、生まれた場所,障がいの有無、能力のちがいかかわらず、だれもが自分らしくくらせるまちをつくるという意味です。障害福祉課の「まちのなかで気づくかな」のリーフレットをもとに、街の中で困っている人がいたら何ができるかさくら組の子どもたちと一緒に考えてみました。例えば、道路に自転車があって通れない人がいたら「自転車をどかす」「黄色いブロックの道には自転車を置かない」車いすの人が段差の所で困っていたら「車いすを押してあげる」など、思いやりのある優しい言葉が沢山出てきました。今は玄関ホールに掲示しています。

yuni1
子どもたちがユニバーサルデザインのことを考えてみました。
uni2
子どもたちが考えたユニバーサルデザイン。右にあるのが「まちのなかで気づくかな」のリーフレットです

未来に向けて出発

元気な1年生になってね

 3月12日にさくら組の卒園式がありました。ホール正面には子どもたちが描いた絵を飾りました。海の王とのことを考えて、子どもたちは海賊船に乗ることに、時には泳いで冒険する姿もある楽しい作品です。これから夢に向かってどんな冒険が待っているか、さくら組さん楽しみですね。

青
青い帆の海賊船
赤
赤い帆の海賊船
緑
緑の帆の海賊船

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部 向原保育園
〒173-0036 東京都板橋区向原一丁目18番5号
電話:03-3974-6364 ファクス:03-3974-9715
子ども家庭部 保育運営課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。