向原保育園ニュース 秋号

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1014769  更新日 2021年10月20日

印刷大きな文字で印刷

元気いっぱいたんぽぽ組

マットのぼり
マットのやまのぼり、よいしょ!

広いホールで身体を動かして遊べるようになった0歳児クラス。マットの山のぼりは大好きです。「よいしょ、よいしょ」とハイハイでのぼり、笑顔いっぱいです。砂場では砂を触ったりつかんだりして感触を楽しめるようにもなりました。手足体と全身を使って楽しく遊びながら、心と身体も健康で過ごせるようにしています。

写真:砂遊び
砂をつかんだり触れたり感触を楽しんでいます

新聞紙で遊ぼうなでしこ組

新聞を集めて何になるのかな
びりびり破いた新聞紙を袋に入れるのも楽しい遊びです

子どもたちにとって新聞紙は、とても魅力的なおもちゃです。ビリビリと破ったり、小さくちぎったり、クシャクシャにしたり、丸めたり。ちぎったものを集めて上にふわーっと投げると、ひらひら舞って大きな歓声があがります。保育園では、リデュース、リユース、リサイクルの3つのRを意識して、遊びに取り入れています。遊んだあとはみんなで新聞紙を集めて袋に入れて、次はボールにして遊ぼうかな。

写真:新聞紙遊び
新聞紙、びりびり破こうかな、丸めようかな

どんぐりで遊ぼうちゅーりっぷ組

先日、向原公園で拾ってきたどんぐりを使っておままごとに夢中の子どもたち。お友だちと「おいしくなーれ」とおしゃべりしながら、1つずつ丁寧に飾ってどんぐりケーキの完成です。そのあとみんなでおいしくいただきました。これからお散歩には良い季節です。秋の自然や身近な自然に触れながら、生き物や植物への関心や自然を大切に思う気持ちを育んでいきたいと思います。

写真:どんぐりケーキ作り
砂場でお友だちとケーキにどんぐりを飾り付けしています
写真:どんぐりケーキ
どんぐりケーキおいしそう

ひまわりおりんぴっく

 オリンピックが開催された夏。家族と一緒にテレビで見たひまわり組の子どもたちは、登園するとオリンピックの話を沢山してくれていました。「オリンピックをやりたい」「金メダルほしい」との声がたくさん聞かれたので子どもたちと一緒にどんな競技があるか考えながら、オリンピックごっこを楽しみました。フェンシングに柔道、いろんな競技を楽しむ子どもたち。フェンシングの構えがとてもかっこよくて驚きです。

写真:フェンシングごっこ
手作りの剣を構えてどきどき勝負の瞬間
写真:レスリングごっこ
マットを競技場にして柔道を行っています。
終わったら手洗いうがいをして感染予防も忘れません。

海の王からの手紙その3

魚の目ってどうなってるの?

写真:発表の様子
鮭の目を解体したことについて発表している様子

 鮭の解体をお家でやったと、さくら組の子どもが魚の目の水晶体を持ってきて皆に見せてくれました。すると、魚の目って人の目と違うのかな?と疑問が出て「もっと魚の目について知りたい!」「そうだ!海の王様にきいてみよう」と言う声が上がりました。

 「でも、最近海の王様から手紙が来ていないね」という声もあがり、大きく育った緑のカーテンで皆が作った郵便ポストが外から見えないかなと、置く場所変えた子どもたちでした。工夫してもやっぱり手紙は来ていません。皆でハガキを作って手紙出してみよう!ということになりました。さくら組では紙パックなどを利用して、ハガキを作る紙すき遊びをしています。海の王様が喜ぶようなハガキを皆で考えて、作ることにしました。

 

海の王に手紙をだそう!

 海の王様が喜んでくれるハガキってどんなハガキだろう?と聞くと、「青にするのは?海っぽいよ。」「魚をつける!」「王様だから王冠がいいよ!」「2つの色を混ぜて作りたいなぁ」など。作りたいイメージは一人ひとり違い、できあがった作品はみんな違って、どれも本当に素敵でした。心を込めて出した手紙。海の王様からお返事をみんなで心待ちにしています。

写真:紙すき様子
友だちと協力してのハガキづくり
写真:ハガキを乾かしている様子
窓ガラスにみんなの素敵な作品が並びました

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部 向原保育園
〒173-0036 東京都板橋区向原一丁目18番5号
電話:03-3974-6364 ファクス:03-3974-9715
子ども家庭部 保育運営課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。