向台保育園ニュース 夏号

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1004326  更新日 2021年7月20日

印刷大きな文字で印刷

泥んこ遊びを楽しんでいます

 昨月より始まった泥んこ遊び。どのクラスも砂や水、泥の感触を存分に楽しみ、開放的に遊んでいます。子どもたちは、近くにいる保育者や友だちと一緒に泥水に手を入れてその感触を味わっています。泥んこ遊びが盛り上がってくると全身が泥だらけになり、満面の笑みも見られます。砂場にできた水たまりに偶然バケツが浮かぶと、「お船みたいだね」とつぶやく子ども。そのつぶやきを聞いた他の子が、船のおもちゃを持ってきて浮かべていました。“物を浮かべる”という水の特性に感覚的に気づいていました。

2歳児がどろんこ遊びをしているところ
【2歳児 どろんこ遊びをしているところ】

水遊びが始まりました

 ある日の水遊びをしていた時の一場面。お気に入りの「はらぺこあおむし」の玩具で遊び始めた2人。タライの中から水を汲み、小さなバケツに移し替えていました。よくよく会話を聞いてみると、バケツの中に2つのはらぺこあおむしのおもちゃを浮かべ、「(ジョウロで水を流しながら)シャワーでーす」「あついなぁー」「だいじょうぶ?」「これからでかけてくるね!おしごとだよ」「はやくかえってきてね」など、玩具を介しながら、それぞれのイメージの世界を2人で共有し楽しんでいました。
 お友だちに興味が出てくるがゆえ、思いがぶつかり合うことも多い時期ですが、こうして遊びの中で気持ちを繋げ合う経験を重ねていき、子どもたちは、人と関わることの喜びや楽しさも感じているのだと思います。

乳児クラスのお友だちが水遊びをしているところ
【乳児クラスのお友だちが水遊びをしているところ】

家づくりをしています

 昨月より、4歳児クラスでは家づくりをしています。きっかけは「こいのぼりのお家を作りたい!」という子どもの一言。“子どもの日”の行事に向けて作ったこいのぼりに愛着がわき、外すのはもったいないという子どもたちの思いから出てきた言葉でした。
 本物の木を用意すると俄然意欲的になる子どもたち。“どういうお家にするか”というところから保育士も一緒になって考えました。家づくりを通して、みんなで同じ目標に向かって力を合わせることや自分の考えていることを話す力、友だちの考えを聞く力、用具を扱う力、物を立体的に捉える力など様々な力を育む経験ができています。
 

4歳児クラスの子どもたちが家の色塗りをしているところ
【4歳児クラスの子どもたちが家の色塗りをしているところ】

お店屋さんごっこが大成功でした

 ごっこ遊びの活動の中で、最初から最後まで、子どもたちの思いや意見を大切に「自分たちで決めていく」経験を重ねました。子どもたち一人ひとりの意見を引き出したり、問いかけることを続けていき、思いやイメージのすり合わせをしていきました。そのため、子どもたちは何度も何度も話し合いを重ねています。
 話し合いの中では、自分の意見を言うことだけでなく、相手の話しをきくことが大切になり、またそこから自分の思いとどうやって折り合いをつけるか、みんなで納得いくものにするためにはどうすれば良いのかを考えることが求められます。
 子どもたちにとって、1つの目標に向かって協力して作りあげていくことは、難しいことだと予想していましたが、諦めてしまうどころか、むしろ楽しんでいる姿に、頼もしさと成長を感じました。ごっこ遊びを経て、「イメージしたものは形にできること」「一緒に力を合わせることの難しさと楽しさを感じること」が出来たのではないかと思います。子どもたちにとっては、大きな自信をつけることが出来た遊びとなりました。

お店屋さんごっこの様子
【お店屋さんごっこの様子】

日々探求しています

 向台保育園には幅広い年齢層の職員がおり、保育についての話し合いを日々行っています。クラスから挙がってきた子どもたちの様子について、それぞれの経験や知識をもとにした視点から意見を述べあっています。このようにたくさんの主観で子どもたちを見ていくことで、子どもたちの成長を多面的に捉えることでき、子ども一人ひとりを深く理解するということに繋がっています。子どものちょっとした行動やつぶやきから、それらの背景にあるものを考え、対話し、探求し、次の保育を考えています。子どもたちの健やかな成長を願い、職員一同、保育の質の向上に努めています。

職員が話し合いをしているところ
【職員が話し合いをしているところ1】
職員が話し合いをしているところ
【職員が話し合いをしているところ2】

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部 向台保育園
〒174-0064 東京都板橋区中台二丁目15番7号
電話:03-3932-0058 ファクス:03-3932-2332
子ども家庭部 保育運営課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。