志村橋保育園ニュース 秋号

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1027651  更新日 2021年9月20日

印刷大きな文字で印刷

ホールで、たくさん身体を動かして遊びました

SDGs(Sustainable Development Goals;持続可能な開発目標)の目標3『すべての人に健康と福祉を』に繋がっていくよう、私たちが保育園でできることを考えてみました。心も身体も健康に暮らせる未来に繋がることを願い、子どもたちが身体を動かして遊ぶ楽しさや喜びを知ること、友だちと協力することができる『いろいろな動きのある運動遊び』を取り入れてみました。今回のテーマは【押す・引っ張る・くぐる・でこぼこ歩き】です。

押す

大きな滑り台を子どもが押しています
普段は乳児クラスで使っている滑り台を押して遊びました。いつもの遊び方とは違うので、初めは戸惑いながらも、コツをつかむと熱中して、手と足を使い力を入れて楽しんでいます。大きいクラスの子どもたちは自分で方向を変え往復することもできるようになりました。できたことを友だちに嬉しそうに伝えていました。

引っ張る

タイヤについた紐を引っ張っています
タイヤに太い紐をつけて引っ張ります。重くても「一人でやるの」と言い、最後まで頑張って引っ張っています。腕の力だけでなく全身の力を使い引っ張ります。
子どもが座っているタイヤの紐をを二人の子が引っ張っています
大きいクラスの子どもたちはタイヤに友だちを乗せて引っ張ります。「一緒に引っ張るよ」と助けに来てくれる子もいます。友だちが乗っていると自然と笑顔になる子どもたちです。

くぐる・でこぼこ歩き

網の下をハイハイしています
緑のネットの下を忍者のようにくぐって通ります。低い姿勢になり、腕や足をうまく使いながら進んでいます。
でこぼこのマット上を歩いています
マットででこぼこ道を作り、その上を歩いて進みます。落ちないようにバランスを取りながらゆっくり歩きます。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部 志村橋保育園
〒174-0041 東京都板橋区舟渡三丁目6番3号
電話:03-3966-0286 ファクス:03-3966-4373
子ども家庭部 保育サービス課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。