新河岸保育園 ニュース春号

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1023659  更新日 2021年12月20日

印刷大きな文字で印刷

荒川土手や徳丸が原公園は私たちの「第二の園庭」

荒川土手

3426
「何か虫がいたよ」「こっちにもいるよ」「花がさいているよ」
子どもたちの声がひびきます。

春は大人も子どもも慣れる期です。そんな時期のお散歩は近場を選びます。

新河岸保育園の近くには荒川土手や徳丸が原公園があります。そこは私たちの第二の庭です。

春の土手は自然がいっぱい。草花の匂いや春の日差しが五感を刺激してくれます。

3440
なにをさがしているのかな。

徳丸が原公園

6796
「ちょっとのぼらせてね。」

徳丸が原公園は動物と親しむだけではなく、自然にもふれあえます。

樹や草花は子どもたちの友だち。木登りする時には「いっしょにあそぼう。のぼらせてね。」と樹に心の声をかけて遊びます。

草花や生き物と遊んだあとは「おうちに返してあげようね」と保育者が声をかけ、元の場所へ返します。

池からオタマジャクシを持ち帰り保育園でカエルに成長した時も元の池に返しに行きました。生態系を変えないようにすることが大切ですから。

6797
「わぁ、木の間に虫がいっぱいいるよ。」

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部 新河岸保育園
〒175-0081 東京都板橋区新河岸2-10-11-101
電話:03-3938-6701
子ども家庭部 保育運営課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。