若木保育園 ニュース冬号

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1004348  更新日 2022年3月11日

印刷大きな文字で印刷

新春お楽しみ会

年が明けてから3・4・5歳クラスが集まり、新春お楽しみ会をしました。

パネルシアターでお正月のお話を聞いたり、5歳クラスの子どもたちが十二支の歌のペープサートを披露したりと楽しい時間を過ごしました。

お正月のお話のパネルシアターを保育士が行っている
保育士による十二支のお話のパネルシアターでは、子どもたちは真剣な表情で聞いていました。
「ねずみに違う日を教えられちゃったんだよね」と、猫だけねずみに嘘の日にちを教えられてしまって元日に集まれなかったことを理解した様子でした。
「ことしは寅年だよ」と教えてくれる声も聞かれましたよ。
獅子舞に噛まれる子どもたち
近くに寄ってくる獅子舞に「キャー」「怖いよー」と子どもたちはびっくり!
頭を噛まれて驚いたり嬉しそうにする子もいれば、ちょっと怖いけど気になるようで遠くから見守っている子もいました。
獅子舞
最後に獅子舞を演じていた保育士が中から出てきて、みんなは大笑い!
「先生なら大丈夫だね」と、安心して獅子に手を伸ばして触れたり、噛んでもらったりとしていました。

節分

節分の日は、各クラスお部屋で楽しみました。

新聞紙で作った豆で的当てをしたり、鬼になった保育士を退治したりとそれぞれに節分の行事に触れることができました。

鬼的当てをしている子どもたち
きりん組とばんび組は、自分でどんな心の鬼を倒そうかなと考えてから、新聞紙の豆を投げました。「鬼は外!福は内!」と言いながら倒していました。
自分の好きな鬼の絵を描く子どもたち
りす組は、自分の好きな鬼を絵に描き、お部屋のいろいろな場所に貼って豆まきをしました。
「あっちにいきなさい!」「おやさいたべなさい!」などと言いながら豆を投げていました。

芝桜を植えました

きりん組は卒園式前に、保育園の玄関外の花壇に芝桜を植えました。

用務の先生に「苗をまっすぐ持って穴に入れること」「優しく土をかぶせること」などと植え方を教えてもらい、一人ひとつずつ苗を植えました。

緊張しながらも丁寧に植えることができ、これからお花が成長して増えていくことを教えてもらうと、「楽しみ!」と喜んでいた子どもたちです。

ランドセルを背負って見にきてね。

用務員に芝桜の植え方を教えてもらう子どもたち

芝桜を植えている子どもとそれを見守る用務員と子どもたち

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部 若木保育園
〒174-0065 東京都板橋区若木二丁目11番6号
電話:03-3932-0551 ファクス:03-3932-0770
子ども家庭部 保育運営課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。