「板橋かたつむり運動」を実施しています

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1001823  更新日 2020年1月28日

印刷大きな文字で印刷

ごみを減らす合言葉「かたつむりのおやくそく」

板橋区では3R(リデュース・リユース・リサイクル)の考え方をさらに発展・拡大させた「かたつむりのおやくそく」を合言葉に「板橋かたつむり運動」を推進しています。
「かたつむりのおやくそく」は、身近にできることから、ごみの減量・リサイクルに取り組んでいただくための具体的な行動を示した合言葉です。家庭や事業者で、声をかけあって「かたつむりのおやくそく」を実践していきましょう。
一人ひとりの少しずつの取り組みが、ごみの減量につながります。ごみを減らすことで、ごみ処理に必要な消費エネルギーの削減、最終処分場使用可能年数の延長につながります。環境への負荷が少ない循環型社会を目指し、できることからはじめてみましょう!

3Rとは...

  • リデュース:ごみになるものは買わない・もらわない
  • リユース:ものを大切にくりかえし何度も使う
  • リサイクル:資源になるものは分けて出す
イラスト1
ごみ減量キャラクター 「かたつむりん」
イラスト2
りんりんちゃん(清掃バージョン)

かたつむりのおやくそく

イラスト:片付け上手 大切に使う 使い切る 無駄にしない リサイクル
かたつむりのおやくそく

かたづけじょうず

部屋や引き出しの中などを片付け、整理整頓をしましょう。
何がどこにあるか把握することで、不要なものを買わずにすみます。

たいせつにつかう

ものは大切に長く使用しましょう。
修理して使えるものは直して使いましょう。
不用品は人に譲ったり、リサイクルショップなどを利用しましょう。

つかいきる

シャンプーや歯磨き粉、食料品など、最後まで使い切りましょう。
筆記具は替え芯の使用、インクの補充により、繰り返し使いましょう。

むだにしない

食べ残しをせず、調理にも一工夫して食材を無駄にしないよう心がけましょう。
必要なものを必要な分だけ買いましょう。
買い物にはマイバッグ持参してレジ袋を断りましょう。

りさいくる

使い終わったものやいらなくなったものを「資源」と「ごみ」に分別しましょう。
正しく分別することで、資源としてリサイクルすることができます。
また、再生品を購入してリサイクルの環をつくりましょう。

区職員手づくりのテーマソングを作成しました!!

楽譜・振り付けは下記添付ファイルからもご覧いただけます。

地区まつりなどのイベントで、子どもたちが楽しみながら学べるよう「ぬりえ」や「パズル」などを使用しています。添付ファイルより「ぬりえ」をご活用ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

資源環境部 資源循環推進課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2217 ファクス:03-3579-2249
資源環境部 資源循環推進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。