君子長命図 椿椿山 1837年(天保8)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号4000520  更新日 令和2年1月28日

印刷大きな文字で印刷

技法
絹本著色
サイズ
108.7cm×44.3cm

作品:君子長命図 椿椿山

竹と蝶と猫を描いて「君子長命(くんしちょうめい)」と題している。これは、おめでたい語呂合わせになっている。四君子(梅・菊・蘭・竹)のうちの「竹」を描いて「君子」にあて、「蝶」を「長」に、「猫」の呉音のメウを「命」の音にあてはめたもので、古来、椿山の描いた本図が有名である。
椿椿山(1801~1854)は江戸後期の南画家で、渡辺崋山の弟子として著名な画家である。肖像画の分野で、洋風表現を取り入れた近代的な作風を示したが、本図に見るようなモダンな花鳥画にも長じた。
Tsubaki Chinzan

このページに関するお問い合わせ

板橋区立美術館
〒175-0092 東京都板橋区赤塚5-34-27
電話:03-3979-3251 ファクス:03-3979-3252
区民文化部 文化・国際交流課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。