ブロック塀などの撤去・新設助成について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1006186  更新日 令和2年4月7日

印刷大きな文字で印刷

板橋区では、「危険なブロック塀などの撤去を促進し、区民の安心・安全を守る」ということを目的とし、
危険なブロック塀などの撤去・撤去後の新設に対し、助成制度を令和2年4月1日より開始いたします。

助成対象の概要

助成対象

  1. ブロック塀などの高さ1.2メートル以上
  2. 板橋区の区域内の道路や通路に面していること
  3. 一定規模以上、区で危険性があることを認めたもの

上記の1から3の条件を原則、全て満たすこと。

  • 道路や通路とは、建築基準法第42条、道路法第2条第1項に規定する道路及び板橋区管理通路条例第2条に規定する区管理通路のことをいう。
  • ブロック塀などとは、石造、コンクリートブロック造、コンクリート造その他組積造による塀及びこれらの基礎をいう。

助成対象者

助成を受けるブロック塀などの所有者

(その土地、建物の売買・賃貸を行う事業目的者は対象となりません。)

助成金額

  1. 撤去されるブロック塀などの1平方メートルあたり3万円の助成とする。上限額は、30万円 (角地は、上限額45万円) とする。(ただし、実際の撤去工事に要した費用が上記の上限額を下回る場合は、実際の撤去工事に要した費用を助成金の額とします。)
  2. 新設するフェンスなどの1メートルあたり2万円の助成とする。上限額は30万円(角地も同額)とする。(ただし、実際の新設工事に要した費用が上記の上限額を下回る場合は、実際の新設工事に要した費用を助成金の額とします。)
    • 1の撤去助成を受けたものに限ります。
  3. ブロック塀などの撤去及び国産木材を使用したフェンスなどの新設に要した費用が延長1メートルあたり8万円を超えるとき、当該費用(延長1メートルあたり19.6万円を超える場合にあっては19.6万円)から延長1メートル当たり8万円を減じて得た額(1千円未満の端数は切り捨てとする。)を、延長25メートルを限度として、助成金に加算します。
    • 国産木材について、板橋区は山形県最上町と協定を締結しており、山形県最上町は木材の利用を推進しております。
    • なお、令和3年2月26日までに助成要件や助成対象項目などを確認し交付申請手続きを行ったものであり、ブロック塀などの撤去及びフェンスなどの新設工事の完了確認をし、令和2年度内にすべての助成手続きを完了していることが助成に必要な条件となります。

助成期間

令和3年3月31日までで終了
(助成は年度区切りとし、この期限までに全ての助成手続きを完了していること。)

手続きの流れは、添付PDFを参照してください。

申請・問い合わせ窓口など

助成について、他にも要件があるため、詳細については下記までお問い合わせください。

板橋区 都市整備部 建築指導課 監察グループ
(区役所北館5階16番窓口)
直通電話 03-3579-2578

ブロック塀の撤去後に緑化をご希望される方は、下記の関連リンクを参照してください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

都市整備部 建築指導課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2571
都市整備部 建築指導課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。