特別展「江戸と金沢を結ぶ”板橋”ー中山道板橋宿を訪れた大名たちー」

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号3000392  更新日 2021年12月23日

印刷大きな文字で印刷

展示について

チラシ

 江戸から金沢までは、信濃の追分宿を経由して北国街道と中山道で結ばれていました。この中山道や北国街道を参勤交代で利用したのは、加賀、越後、信濃などを領国とする大名でした。加賀から江戸に向かうまでにかかった日数は、平均12泊13日だったといいます。宿場で休憩をとりながら、大名たちは江戸への歩みを進めました。

 板橋宿は、江戸・日本橋へ向かう前の最後の宿場でした。多くの大名は板橋宿の本陣・脇本陣を利用し、加賀藩は板橋宿平尾に構えた下屋敷で、江戸藩邸にいる家族からの使者や家臣の迎えを受けたり、装束を整えたりしました。板橋宿は、江戸の玄関口としての役割を果たしていたのです。

 今回の展示では、参勤交代で江戸と国元を往復した加賀藩、高田藩、松代藩の大名たちと、彼らを迎えた板橋宿の姿をご紹介いたします。展示資料を通して、その当時の人びとの様子をご覧いただき、江戸と金沢を結ぶ“架け橋”であった“板橋”に思いを馳せていただく機会となれば幸いです。

会期

令和4年1月22日(土曜日)から3月21日(月曜日・祝日)

開館時間
午前9時30分から午後5時(入館は午後4時30分)
会場

1階常設展示室ミニ企画展コーナー及び2階企画・特別展示室

休館日
月曜日(祝祭日の場合は翌火曜日が休館)
入館料
無料

関連イベント

展覧会関連行事は下記に掲載しています。ご興味をお持ちの方はご確認ください。

展示資料

画像
大名行列絵巻(部分) 江戸時代
【金沢市立玉川図書館近世史料館所蔵】
画像
道中陣笠 江戸時代
【石川県立歴史博物館所蔵】
資料画像
関札 「榊原遠江守宿」 江戸時代
【個人所蔵】(飯田博通家資料)
画像
槍鞘 十文字・山鳥毛 江戸時代
【真田宝物館所蔵】
画像
『江戸名所図会』「板橋駅」 天保7年(1836)
【当館所蔵】
画像
加賀友禅黒留袖「花謡」
制作年:平成25年(2013)毎田健治 作【毎田染画工芸所蔵】
資料画像
江戸手描友禅訪問着「江戸百景」
制作年:平成元年(1989)寺澤森秋 作【当館所蔵】

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

板橋区立郷土資料館
〒175-0092 東京都板橋区赤塚5-35-25
電話:03-5998-0081 ファクス:03-5998-0083
教育委員会事務局 生涯学習課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。