地域包括ケアシステム(板橋区版AIP) 総合案内

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1003418  更新日 2020年9月29日

印刷大きな文字で印刷

板橋区版API指導!!あなたの老後はあなたがつくる!超高齢社会に向けて、地域の住民一人ひとりから医療・介護などの専門職まで、様々な人たちが力を合わせて高齢者を支えていく地域づくりが必要となります。AIPはその地域づくりを「みんなで考えてみんなでつくろう」という取組みです。まずは、日々の介護予防やちょっとした助け合いなど、できることからはじめてみませんか?元気で暮らし続けることもAIPの1つです。

「地域包括ケアシステム」とは

地域包括ケアシステムとは、団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、「住まい・医療・介護・予防・生活支援」が一体的に提供される仕組みのことです。

「板橋区版AIP」とは

AIP(Aging in Place)

「年を重ねても安心して住み慣れたまち(地域)に住み続けること」です。
【出典】東京大学高齢社会総合研究機構「地域包括ケアのすすめ」

板橋区版AIPの構築に向けて

板橋区では平成28年度より、国が掲げる地域包括ケアシステムを中核としつつ、板橋区独自の視点を加えた7つの分野((1)総合事業/生活支援体制整備事業(2)医療・介護連携(3)認知症施策(4)住まいと住まい方(5)基盤整備(6)シニア活動支援(7)啓発・広報)を重点事業とし、これらを有機的に結びつけることにより、特徴のある「板橋区版AIP」の構築をめざし取組を推進しています。

推進体制の整備

平成29年2月に「板橋区AIP推進協議会」を新たに設置し、AIP構築に向けた推進体制を整備しました。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

健康生きがい部 おとしより保健福祉センター
〒174-0063 東京都板橋区前野町四丁目16番1号
電話:03-5970-1111(代表電話) ファクス:03-5392-2060
健康生きがい部 おとしより保健福祉センターへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。