区民防災大学 防災指導者コース 応急手当普及員講習

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1036709  更新日 2021年12月10日

印刷大きな文字で印刷

防災知識をさらに深め、指導者として活躍してみませんか?

写真1
応急手当普及員講習

日時・会場(3日制)

令和4年2月11日(金曜日)から令和4年2月13日(日曜日)各日午前9時から午後5時

8時間×3日間のカリキュラムとなっております。

板橋区役所本庁舎 南館4階 災害対策室(板橋区板橋2-66-1)

内容

「応急手当普及員」とは、「普通救命講習」の指導要領を学び、普通救命講習などにおいて、指導及び指導補助にあたることができる資格です。資格取得後は、指導者として応急手当に関する知識・技術・指導経験を増やすことで、地域の中での自主的な訓練・講習会の実施を目指します。

また災害発生時において、応急対策の中心的立場として活動することにより、地域の被害を最小限にとどめることを目的に実施しています。

主なカリキュラム

(1)応急手当の基礎知識・実技(心肺蘇生法・AED・止血法など)

(2)応急手当の指導要領

(3)各種手当の組み合わせ・応用の指導要領

対象

区内在住の18歳以上で、次のすべての条件を満たす方

(1)区で実施する応急手当講習などの指導補助ができること。

(2)健康な方で、必ず3日間受講できること。(1日でも欠席すると資格の認定ができなくなります。)

(3)普通救命講習以上の認定を受けたことがある、もしくはそれに準ずる知識を有していること。

修了後の活動

(1)区の要請に応じて、区内で行われる各種事業などに指導補助として参加(主に中学生普通救命講習)

(2)地域の中での自主的な訓練・講習会などの実施

修了後は東京消防庁より「応急手当普及員認定証」(3年間有効)が交付されます。

修了後の活動については、原則、令和4年4月からの3年間を活動期間とします。

活動に関し、報酬などの支給はありません。ただし、区の要請に基づく各種事業などへの参加時の補償として、区で「ボランティア保険」に加入します。

定員

15名

費用

無料

申込方法

はがき・ファクス・Eメールのいずれかで、下記の内容をご記入のうえ、地域防災支援課へご提出ください。

(1)催し名

(2)郵便番号・住所

(3)氏名(ふりがな)

(4)年齢

(5)電話・ファクス番号

(6)生年月日、性別

(7)過去に受講した救命技能認定資格試験名

(8)受講動機

 

締切日(必着)

令和3年12月27日(月曜日)

問い合わせ・申込み先

危機管理部 地域防災支援課 地域支援係
住所:〒173-8501 板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2152
ファクス:03-3963-0150
Eメール:kk-chishien@city.itabashi.tokyo.jp

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

危機管理部 地域防災支援課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2151 ファクス:03-3963-0150
危機管理部 地域防災支援課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。