室内の空気環境 室内の湿度

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1003858  更新日 2020年3月11日

印刷大きな文字で印刷

室内の湿度

大切な湿度管理

湿度は30%~60%の間を目安にして、必要な場合は加湿や除湿を行いましょう。
湿度が60%を超えると、カビやダニが発生しやすくなります。特に冬場は、窓ガラスや北側の壁、押入れ等が結露しやすく、結露した水が原因でカビが生えたりします。
逆に、湿度が低すぎると、喉や気管支の粘膜が乾燥し、のどを傷めたり、粘膜の保護作用が低下してカゼのウイルスが体内に侵入しやすくなります。また、静電気が発生しやすくなるので、一般的には湿度30%以上保つよう心がけ、必要に応じて加湿や除湿を行うようにしましょう。

イラスト
加湿や除湿

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

健康生きがい部 生活衛生課 建築物衛生係
〒173-0014 東京都板橋区大山東町32番15号 板橋区保健所
電話:03-3579-2335 ファクス:03-3579-1337
健康生きがい部 生活衛生課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。